ネットで中傷されています。相手を特定し慰謝料を請求したいのですが・・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月21日 02時32分

 私は風俗で働いているのですが、某風俗掲示板で一年程前から私の源氏名をあげて中傷されています。内容は携帯電話番号、実家のある町名、年齢、出身校、元職場の名称や身体の侮辱です。これらが影響したのかお店のスタッフから避けられるようになってしまい売上も減ってしまいました。精神的にも限界がきたので今は仕事を休んでいます。しかし中傷は毎日のように続いています。お店の責任者に相談したところ、「気にするな」と言われただけでした。私としては相手を特定し慰謝料を請求したいのですが、どのような段階を踏めばよいのでしょうか?ご返答お待ちしております。


(不明:女性)

匿名弁護士

     あなたに対する名誉毀損が成立する可能性がありますから、掲示板の管理人や、書き込みをした加害者に対して、様々な請求をすることができます。


     ご相談の場合、インターネットの掲示板にあなたの「源氏名をあげて...携帯電話番号、実家のある町名、年齢、出身校、元職場の名称や身体の侮辱」が書き込まれているということですから、身体の侮辱の内容によりますが、「公然」と「事実」を摘示することにより、「人」の「名誉を毀損した」といえるため、名誉毀損が成立するでしょう(刑法230条)。源氏名であっても、人を特定できる程度であれば名誉棄損は成立します。


     そこで、あなたは、具体的には以下のように対処するべきであると考えられます。




    1. まずは、掲示板の管理人や運営者(「特定電気通信役務提供者」といいます。)に対して、情報の流通の防止、すなわち書き込みの削除を要求しましょう(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(いわゆるプロバイダ責任制限法)3条)。

      この要求がなされると、管理人などは、自主的に削除するべきか否かを検討し、技術的に可能であれば書き込みを削除したり、発信者に自主的な削除を要求したりすることができます。なお、書き込みを削除される前に、後の裁判などのため、プリントアウトして証拠を残しておくと良いでしょう。

    2. 次に、掲示板の管理人などに対して、発信者の情報を開示するよう請求し、発信者の氏名や住所、メールアドレスといった情報を入手して、発信者である加害者を特定しましょう。これは、プロバイダ責任制限法4条1項、省令に基づいて認められている請求権です。

    3. 加害者が特定できれば、加害者を名誉毀損で刑事告訴しましょう。法定刑としては、3年以下の懲役もしくは禁錮又は50万円以下の罰金が定められています。

    4. さらに、あなたは、中傷的な書き込みによって精神的に参ってしまっているとのことですから、加害者に対して不法行為に基づく損害賠償請求をすることもできます(民法709条)。
      掲示板の管理人に対する請求に必要な書類については、プロバイダ責任制限法関連情報Webサイトに掲載してありますので、参考にしてください。管理人の連絡先がわからない場合の対応方法も記載してあります。



     なお、掲示板において誹謗中傷がなされていることを知りながら放置したような場合には、掲示板の管理者に対して損害賠償請求することも可能です(民法709条プロバイダ責任制限法3条)。

2015年04月21日 02時32分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

ネット上の書き込みで名誉棄損で訴えると言われました。。

名誉毀損 2017年07月14日

ネット上の書き込みで、誹謗中傷と感じたので 「名誉毀損」で訴える構えがあるといわれました。 言葉に棘を感じた、喧嘩を売ってるように受け取れた、と言われてるのと 私が書いた日記(相手に向けて書いたのでもなければ、相手の名前すら文面には出...

twitterで個人情報を流されてしまいました

名誉毀損 2017年02月13日

平成28年の11月〜12月にかけて仲が悪くなった友人にフルネーム、生年月日と共に性的嗜好をtwitter上で晒されているのを発見しました。 しかもこの事を他の人にも話すといった事も書いてありました。 秘密にしていた内容なので他の人に知...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

名誉毀損に強い弁護士

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

交通事故の被害に遭われた方を徹底的にサポートします。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

ページ
トップへ