ネットで買い物。2倍の商品が送られてきた!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年08月29日 01時43分

 インターネットのあるコンタクトレンズの販売サイトで、使い捨てコンタクトを4週間分、4ケース購入しました。


 ところが、送付されてきたのは、8ケース。代引きだったので、とりあえず、料金は配達の方に支払いました。業者に連絡したところ、申し込みが2回あったといいます。商品の性質上、返品はできないといいます。そういえば、1回、申し込みのボタンを押しましたが、なかなか次の画面にいかないので、もう1度押した記憶があります。


 注文画面で、「申し込みボタンは何度も押さないでください」と書いてありました。しかし、つながりそうになければ、もう1度押してみるというのは普通ではないでしょうか。法律上、返品できないものなのでしょうか。



(20代:女性)

匿名弁護士

     商品の購入手続きによっては、契約の無効を主張し、返品することができます。


     インターネットでの商品売買においては、昨年(平成14年)の12月25日より、「電子消費者契約法」が適用されています。消費者の操作ミスによる錯誤については、原則として民法の錯誤に関する規定(民法95条但書)が適用されないことになりました。事業者側が購入意思を確認する画面をおくなどして、操作ミスを防止する措置を講じている場合には、通常通り、民法の規定が適用されます。


     この法律により消費者にはどのようなメリットがあるのでしょう。民法では、錯誤(勘違い)があっても、大きな不注意(重過失)があれば、契約の無効を主張することができません。しかし、電子消費者契約法によって、重過失があっても契約内容の重要部分に勘違いがある場合は、無効を主張できることになったのです(同法3条1項)。


     あなたは、申し込みのボタンを2度押していますが、申し込みは1回で、4ケースの申し込みしかしていない、と勘違いをしています。購入商品の個数は、契約の重要部分です。ゆえに民法上の錯誤があったといえます。

     しかし、「申し込みボタンは何度も押さないでください」と明示されているのに押してしまっているので、重過失があるともいえます。


     そこで、電子消費者契約法の出番です。この法律により、重過失があっても、無効主張ができることになります。では、事業者側の対策はどうでしょうか。もし、確認画面などを作らず、申し込み内容の指定の画面から、直接最終的な申し込みをさせているような場合は、必要な対策がとられているとはいえません。このような場合は、重過失があっても、契約の無効を主張できることになります。以下の図を参考にしてください。



    ▼重過失があっても無効を主張できる









    商品名:
    ○○○○

    申し込み個数:






    ありがとう
    ございました

    ▼重過失があると無効が主張できない

    商品名:
    ○○○○

    申し込み個数:




    商品名:
    ○○○○

    申し込み個数:
    1個

    以上の申し込みでよければ、下の申し込みボタンを押してください


    ありがとう
    ございました

2015年08月29日 01時43分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

ネット詐欺。振り込み後連絡が取れなくなったので裁判しようと思います

ネット通販 2017年05月18日

インターネットで車の輸入パーツを頼み118万振り込みして1ヶ月たち連絡がとれなくなりました。相手の家に行っても不在だし連絡とりようがなく近々裁判しようと思ってます。精神的にもかなりのダメージを受けました。こういった場合はパーツ代金以外...

不良品、腐り

ネット通販 2017年05月07日

生物を人に贈る為購入し、そのまま送りました。生物で、口に入る物にも、関わらず、なんの、プロテクトもせず、封筒に、切手だけはり、送られてきました。私はそのまま中を見る事が出来ない為プレゼントしましたところ、商品が腐っており、子供さんが、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

ネット通販に強い弁護士

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

ページ
トップへ