ネットで買い物。2倍の商品が送られてきた!

Legalus編集部さん 2015年08月29日

 インターネットのあるコンタクトレンズの販売サイトで、使い捨てコンタクトを4週間分、4ケース購入しました。


 ところが、送付されてきたのは、8ケース。代引きだったので、とりあえず、料金は配達の方に支払いました。業者に連絡したところ、申し込みが2回あったといいます。商品の性質上、返品はできないといいます。そういえば、1回、申し込みのボタンを押しましたが、なかなか次の画面にいかないので、もう1度押した記憶があります。


 注文画面で、「申し込みボタンは何度も押さないでください」と書いてありました。しかし、つながりそうになければ、もう1度押してみるというのは普通ではないでしょうか。法律上、返品できないものなのでしょうか。



(20代:女性)

関連Q&A

オンラインの宿泊予約で契約の行き違いが・・

ネット通販 2016年02月15日

8月31日に、ネットより12月31日の宿泊予約メールを出しました。返信で、正月料金が決定しておらず、部屋割りの確認と、本予約でないとの連絡がきたので、こちらから、部屋割りのOKメールを返信し、予約確認を待ちました。その後、宿からの確認...

ネットショップで販売拒否された!

ネット通販 2015年07月29日

風水や気学の表を販売しているネットショップから、今まで何度か商品を購入してきました。 ところが、疑問の点につき何度も質問しているうちに、先方が面倒になったのかこちらの態度が気に入らないのか、「当方ではあなたの求めるサービスレベルに達し...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     商品の購入手続きによっては、契約の無効を主張し、返品することができます。


     インターネットでの商品売買においては、昨年(平成14年)の12月25日より、「電子消費者契約法」が適用されています。消費者の操作ミスによる錯誤については、原則として民法の錯誤に関する規定(民法95条但書)が適用されないことになりました。事業者側が購入意思を確認する画面をおくなどして、操作ミスを防止する措置を講じている場合には、通常通り、民法の規定が適用されます。


     この法律により消費者にはどのようなメリットがあるのでしょう。民法では、錯誤(勘違い)があっても、大きな不注意(重過失)があれば、契約の無効を主張することができません。しかし、電子消費者契約法によって、重過失があっても契約内容の重要部分に勘違いがある場合は、無効を主張できることになったのです(同法3条1項)。


     あなたは、申し込みのボタンを2度押していますが、申し込みは1回で、4ケースの申し込みしかしていない、と勘違いをしています。購入商品の個数は、契約の重要部分です。ゆえに民法上の錯誤があったといえます。

     しかし、「申し込みボタンは何度も押さないでください」と明示されているのに押してしまっているので、重過失があるともいえます。


     そこで、電子消費者契約法の出番です。この法律により、重過失があっても、無効主張ができることになります。では、事業者側の対策はどうでしょうか。もし、確認画面などを作らず、申し込み内容の指定の画面から、直接最終的な申し込みをさせているような場合は、必要な対策がとられているとはいえません。このような場合は、重過失があっても、契約の無効を主張できることになります。以下の図を参考にしてください。



    ▼重過失があっても無効を主張できる









    商品名:
    ○○○○

    申し込み個数:






    ありがとう
    ございました

    ▼重過失があると無効が主張できない

    商品名:
    ○○○○

    申し込み個数:




    商品名:
    ○○○○

    申し込み個数:
    1個

    以上の申し込みでよければ、下の申し込みボタンを押してください


    ありがとう
    ございました

2015年08月29日

ネット通販に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ