ネット仲間とビデオの交換...のはずが!

Legalus編集部さん 2015年03月19日

 インターネットの掲示板で知り合った方とテレビ番組の趣味が合い、お互いにビデオをダビングして送ることにしました。
 私はビデオテープ33本分のダビングを依頼し、相手からは7本分のダビングを依頼されました。
 そこで、お互いに、新品のテープを送りました。


 ところが、私は相手の指定した番組のビデオをダビングして送ったのに、相手からは何も連絡がないままで、音信不通になってしまいました。

 こうした場合、何か法的な手段はとれないものでしょうか。



(20代後半:女性)

関連Q&A

オンラインの宿泊予約で契約の行き違いが・・

ネット通販 2016年02月15日

8月31日に、ネットより12月31日の宿泊予約メールを出しました。返信で、正月料金が決定しておらず、部屋割りの確認と、本予約でないとの連絡がきたので、こちらから、部屋割りのOKメールを返信し、予約確認を待ちました。その後、宿からの確認...

ネットで買い物。2倍の商品が送られてきた!

ネット通販 2015年08月29日

インターネットのあるコンタクトレンズの販売サイトで、使い捨てコンタクトを4週間分、4ケース購入しました。 ところが、送付されてきたのは、8ケース。代引きだったので、とりあえず、料金は配達の方に支払いました。業者に連絡したところ、申し込...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ご相談のケースの場合、物を交換する契約、すなわち交換契約(民法586条1項)にあたります。



     この場合、まず、相手方に、ビデオをダビングして送るのに相当な期間を定めて、催告し、それでもその期間内にダビングして送ってくれない場合には、契約の解除を行い、自分の送ったビデオテープを返してくれるよう請求することができます(民法541条、損害賠償請求をすることもできます(545条3項、709条)。

     もっとも、相手が当初からあなたをだますつもりであった場合には、解除するまでもなく、損害賠償請求が可能です(民法709条)。


     ただ、初めて接する相手に33本分ものビデオのダビングを依頼するのは、それ自体、かなりの冒険だったといえます。
     今後、同様のことを行う場合には、交換するテープの本数をもっと少なくかつ同数に決め、新品のテープは各自負担としておき、相手方がダビングを終え、発送準備ができたか確認した上で、自分の側の発送を行う、といった慎重さが必要でしょう。

2015年03月19日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ