オンラインの宿泊予約で契約の行き違いが・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年02月15日 20時35分

 8月31日に、ネットより12月31日の宿泊予約メールを出しました。返信で、正月料金が決定しておらず、部屋割りの確認と、本予約でないとの連絡がきたので、こちらから、部屋割りのOKメールを返信し、予約確認を待ちました。その後、宿からの確認メールもなく、こちらからも連絡をしないまま12月31日を迎えました。当日16:30頃、宿より、携帯に突然「何時頃到着されますか」と連絡が入りました。

 宿側の言い分としては、こちらから、部屋割りのOKメールに「よろしくお願いします」の一文で予約が確定しているとのこと。予約完了メール、電話連絡は一切ありませんでした。料金もわからず(1月3日にHPを確認したところ、掲載されていましたが、いつ掲載更新されたかは不明)こちらからの「よろしくお願いします」とは、連絡を頂きたい旨の意味でしたが、この時点で行き違いがあったようです。

このやりとりで、予約が成立しているのか、キャンセル料の支払い、もしくは、対処の方法を教えていただきたいです。


(40代:女性)

匿名弁護士

     契約が成立していないため、キャンセル料を支払う必要はないと主張して、旅館側と交渉してみましょう。


     契約は、「申込み」とそれに対する「承諾」という意思表示の合致により成立します。

     
    契約の中でも、本件のようなネットによる宿泊予約のやり取りの場合には、「電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律」(以下、電子契約特例法)が適用されます。

     
    そのため、申込者による「申込み」と、旅館による「承諾メール」が申込者に「到達」した時に、契約の効力が生じることになります(電子契約特例法4条)。

     
    契約が成立しているのにもかかわらず、不泊などの債務不履行があった場合には、キャンセル料として、それによる損害を賠償する義務が生じます。


     それでは、本件において、契約が成立していたといえるでしょうか。


     ご相談者が8月31日に出した宿泊予約メールは、「申込み」にあたると考えられます。

     
    これに対する旅館からの返信では、「正月料金が決定しておらず、部屋割りの確認と、本予約でないとの連絡」に過ぎなかったということですから、この返信メールの時点では、未だ契約が成立しているとはいえないでしょう。

     
    それ以後に、旅館から、部屋割りなどの確認と、本予約である旨の確認メールがあなたの元に届いた時点で、「承諾」があったとして、契約が成立したといえます。

     
    したがって、このような確認メールが、旅館からあなたに届いていない限り、契約が成立したとはいえないので、あなたはキャンセル料を支払う必要はないと考えられます。


     これに対して、旅館側からは、旅館が出した返信メールが「申込み」であって、あなたが出した部屋割りのOKメールが「承諾」であると主張してくるでしょう。

     
    しかし、あなたが出したOKメールに「よろしくお願いします」と書いてあっただけでは、商慣習に照らして、予約が完了したとはいえないでしょう。

     
    また、その時点では、契約における重要な事項である宿泊料金すら未だ決まっていなかったのですから、旅館側としては、料金が決定した時点であなたに確認のメールを出す必要があったといえます。


     よって、あなたとしては、契約は未だ成立していないため、キャンセル料は支払う必要がないと主張するべきです。

     
    それでもなお旅館側がキャンセル料を請求してくるようであれば、お近くの消費者生活センターや、法テラスに相談してみましょう。

2016年02月15日 20時35分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

インターネット販売で売った商品は、どこまで責任がある?

ネット通販 2017年07月24日

個人でインターネット販売をしております。 先日、お客様より以下のようなご連絡がありました。 「購入したバッグが、何回か使用していたら、破れてしまった。メーカーに持っていくと、修理は難しいとのこと。そちらでなんとかしてくれないでしょうか...

ネット詐欺。振り込み後連絡が取れなくなったので裁判しようと思います

ネット通販 2017年05月18日

インターネットで車の輸入パーツを頼み118万振り込みして1ヶ月たち連絡がとれなくなりました。相手の家に行っても不在だし連絡とりようがなく近々裁判しようと思ってます。精神的にもかなりのダメージを受けました。こういった場合はパーツ代金以外...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

ネット通販に強い弁護士

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

ページ
トップへ