ネットオークションでの定価表示

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月09日 00時13分

 オークションでの商品説明文に、「定価168,000円」と書いてあったものを購入しました。
 商品が届いてから定価を調べたら、実は39,800円でした。この場合、取引を解約することができるでしょうか。

(30代:男性)

匿名弁護士

 一般に、本件のような錯誤は詐欺にあたるような悪質なものでない限り、「動機の錯誤」と呼ばれています。
 錯誤とは、表示に対する意思が欠けていて、しかもそれに表意者が気付かないことを指し、その場合には、表意者は売買契約などの法律行為の無効を主張することができる、と定められています(民法95条)。
 しかし、本件では、「この商品を買いたい」との意思を持ち、実際にその商品を正しく購入できているわけですから、このような錯誤はありません。

 「動機の錯誤」は、意思表示そのものではなく、意思が形成される過程に錯誤がある場合をいいます。「実は定価168,000円の商品だが、格安で買えるならば買おう」というのは、「買う」との意思が形成される過程に錯誤があったといえるからです。
 そして、動機の錯誤により無効主張が認められるには、通常の錯誤よりも厳しい要件が必要とされています。それが「動機が表示されていること」です。
 「動機が表示されている」とは、例えば「そんなに値引きされているなら買います」と相手に告げたような場合です。そのような場合は通常の錯誤と同様、無効主張することができるとされています。
 ただ、「定価」が重要な意味を持つ場合には、詐欺民法96条1項)として取消すことが可能です。

 本件では、ことさらに「格安だから」と表示したわけではありません。
 しかし、そのように表示すること自体、ネットオークションでは不可能ですし、買主はネット上に表示される限定された商品情報を頼りに購入を決めることを余儀なくされるわけです。このように買主にとってはある意味で不利な状況の下での取引であることを考慮すれば、無効主張することも可能と考えます。
 しかし、ネットオークションの特殊性は、売主も買主も共に認容した上でネット上での取引に入っているともいえます。したがって、最終的には、主催者が公表している同意書、約款などの基準に従って処理されることになるでしょう。

2014年05月09日 00時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

インターネット 車 個人売買 トラブル

ネットオークション 2020年07月01日

初めまして。 2017年に個人売買で車を売りました。 12月のボーナスで全額支払うと言われお金は一銭も頂かずお車を渡してしまいました。 12月のボーナス時期になるとなんやかんや弁護士を雇ったなどと言われて、名義変更書類の要求をされ名義...

インターネット 車 個人売買 トラブル

ネットオークション 2020年07月01日

初めまして。 2017年に個人売買で車を売りました。 12月のボーナスで全額支払うと言われお金は一銭も頂かずお車を渡してしまいました。 12月のボーナス時期になるとなんやかんや弁護士を雇ったなどと言われて、名義変更書類の要求をされ名義...

ヤフオク出品者、受取2週間後に故障してるとのクレーム。取引金額以上の要求。

ネットオークション 2020年05月28日

先日、ヤフオクでスマホを出品しました。1年使っていたものです。 順調に取引が完了し2週間後、スマホが故障していたとの連絡あり。 相手先の主張 ・受取って、仕事が忙しく放置しており、実際に使用したのは2日間 ・電話の発信、受信ができない...

フリマアプリで虚偽の出品だと返金を求められている

ネットオークション 2020年05月28日

フリマアプリでのトラブルについて、 先日、フリマアプリにて新品未使用のズボンを購入しました。 届いたものは、ずっと保管していたのかというくらい綺麗で、形崩れやシワなどが一切なく、タグ付きの新品美品でした。しかし不要になってしまい、この...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する