ネットオークションでの定価表示

Legalus編集部さん 2014年05月09日

 オークションでの商品説明文に、「定価168,000円」と書いてあったものを購入しました。
 商品が届いてから定価を調べたら、実は39,800円でした。この場合、取引を解約することができるでしょうか。

(30代:男性)

関連Q&A

Twitter上でのお取引で、お金を支払ったのに音信不通。

ネットオークション 2017年01月11日

Twitterで、同じ人と6ヶ月連続で発売になる商品(送料含む総額15,524円)のお取引を約束し、全額事前支払いですでにお支払いしたのですが、最初の2件(5,174円分)の品物が到着した後、音信不通で3件目以降の品物も届かず、相手に...

違法DVDを購入したら罪になるのか?

ネットオークション 2016年12月12日

オークションで出品されているDVDについて質問です。 某予備校の映像授業のDVDがオークションで出品されていました。 この某予備校ではDVDを授業前に生徒に貸し出して、授業後に返却するという流れのため、 DVDが一般に流通するというこ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     一般に、本件のような錯誤は詐欺にあたるような悪質なものでない限り、「動機の錯誤」と呼ばれています。
     錯誤とは、表示に対する意思が欠けていて、しかもそれに表意者が気付かないことを指し、その場合には、表意者は売買契約などの法律行為の無効を主張することができる、と定められています(民法95条)。
     しかし、本件では、「この商品を買いたい」との意思を持ち、実際にその商品を正しく購入できているわけですから、このような錯誤はありません。

     「動機の錯誤」は、意思表示そのものではなく、意思が形成される過程に錯誤がある場合をいいます。「実は定価168,000円の商品だが、格安で買えるならば買おう」というのは、「買う」との意思が形成される過程に錯誤があったといえるからです。
     そして、動機の錯誤により無効主張が認められるには、通常の錯誤よりも厳しい要件が必要とされています。それが「動機が表示されていること」です。
     「動機が表示されている」とは、例えば「そんなに値引きされているなら買います」と相手に告げたような場合です。そのような場合は通常の錯誤と同様、無効主張することができるとされています。
     ただ、「定価」が重要な意味を持つ場合には、詐欺民法96条1項)として取消すことが可能です。

     本件では、ことさらに「格安だから」と表示したわけではありません。
     しかし、そのように表示すること自体、ネットオークションでは不可能ですし、買主はネット上に表示される限定された商品情報を頼りに購入を決めることを余儀なくされるわけです。このように買主にとってはある意味で不利な状況の下での取引であることを考慮すれば、無効主張することも可能と考えます。
     しかし、ネットオークションの特殊性は、売主も買主も共に認容した上でネット上での取引に入っているともいえます。したがって、最終的には、主催者が公表している同意書、約款などの基準に従って処理されることになるでしょう。

2014年05月09日

ネットオークションに強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ