オークションの落札者から、2ヵ月半後にクレームが来た!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月18日 03時17分

 ヤフーオークションで器械を出品し落札されたのですが、2ヶ月半経った今になって最初から壊れていたので返金してほしいと言われ困っています。 もちろんこちらは、動作確認してから出品しました。 相手からも受け取りの連絡を受け取引終了と思っていました。

 このような場合、返金しなければいけないのでしょうか? 返金しなければ法的手段に出ると言われています。 法的に何か問題があるのでしょうか? もちろん、最初から壊れていてすぐに連絡いただければ返金しました。 その旨は相手方にも伝えてあります。 申し訳ありませんが、法律には疎いので回答の方よろしくお願いします。



(40代:男性)

匿名弁護士

     個人間の取引の場合で、最初から器械が動作しなかったことが事実であるとすれば、あなたは買主からの返金に応じる必要があるでしょう。



     会社同士の取引など、商人間の売買の場合、買主は、売買の目的物を受け取ったら、遅滞なくその物を検査する必要があります(商法526条1項)。

     検査により目的物に欠陥が発覚しても、直ちに売主に対して通知しなければ、それを理由に契約を解除したり損害賠償を請求したりすることはできないとされています(同2項)。



     ただ、ご相談の場合は、オークションでのトラブルであり、おそらく個人間の売買であると考えられるので、この規定の適用はありません。

     個人間の売買で、あなたが売買の目的物である器械を「新品」として出品した場合(不特定物売買)、その物に欠陥があると、売主の不完全履行となります。売主は、器械を引き渡された時から10年以内であれば、契約を解除して返金を要求できます(民法541条167条1項)。

     そのため、ご相談の場合のように契約から2カ月半が経過した時点でも、買主は、売主に器械を返還することで、売主に返金を要求できます。



     他方、あなたが器械を「中古品」などとして出品した場合(特定物売買)、その物に欠陥があると、買主はその欠陥に気付いた時から「1年以内」であれば、契約の解除をして返金するよう請求できます(民法570条566条1項)。

     そのため、ご相談の場合のように契約から2カ月半が経過した時点でも、買主は、欠陥に気がついてから1年以内であれば、契約の解除をして、売主に器械を返還することで、売主に返金を要求できます。買主が主張するように最初から器械が壊れていたことが事実であるとすれば、あなたも返金に応じる必要があるでしょう。



     ただ、あなたがおっしゃるように、機械を買主に送付する前には異常がないことを確認しており、送付方法にも機械が故障するような要因がなかったとすると、買主からのクレームが言いがかりである可能性も考えられます。

     そのため、自分に売主としての非がなく、仮に買主に送付後に機械が故障したとしても、それは買主側の用法違反等に問題があるのだと考えるのであれば、裁判で負けるまで送金に応じないという選択肢もあり得るでしょう。仮に裁判になったとしても、相手の側が、不完全履行であったことや、機械に瑕疵があったこと等について主張・立証する責任があります。

2015年04月18日 03時17分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

オークションでの発送時破損事故

ネットオークション 2017年06月13日

商品発送の事故についてお伺いいたします。 ネットオークションにて新古のソファーを落札しました。 すぐに落札代+消費税・送料を振り込み、あとは到着を待つという段階で、 「運送会社が発送準備中(トラックに搬入中)に商品を落としてしまい、破...

オークション上で出ているタイプとは違うものだったので返金してもらいたい。

ネットオークション 2017年06月06日

先日オークションで車を探しておりましたところ,希望どうりの車を見つけましてページの中に相手の電話番号がありました。出展場所が同県だったので連絡いたしましたところ、かなり近い場所だったので直接あうことにいたしました。車を外見だけ確認し、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

ネットオークションに強い弁護士

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

《初回相談無料》相続に特に力を入れています

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

ページ
トップへ