気づかぬうちにウイルスを送っていた!

Legalus編集部さん 2015年07月29日

 自分のパソコンにウイルスが入っていることに気づかないまま、他のユーザー(法人)にメールを送ってしまいました。

 後日、そのことについて、相手方から賠償請求書が送られてきました。一体どのように対処すればよいのでしょうか。

(30代後半:男性)

関連Q&A

見覚えのないサイトに個人情報を教えてしまった!今後どうなる?

プライバシー 2015年10月27日

見覚えのないサイトから40万円の滞納があるとメールがきました。親にも言えず自分で解決できるだろうと思い、サイトの指示通りに、住所、名前、地域、生年月日、性別、携帯番号を教えてしまいました。 その後、言われるままに、退会処理費用5千円、...

携帯電話の共同使用

プライバシー 2015年07月18日

一台の携帯電話を妹と使っています。名義は僕ですが、小遣い節約のため、使用料は折半にしています。ところが、最近、いろいろなトラブルが起きてきました。 見たことのないアドレスだったので開いてみたところ、妹宛のものでした。僕は、誰からか確認...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から言えば、あなたが損害賠償の責任を負う可能性があります。



     民法709条には、故意又は過失によって他人の権利を侵害した場合に、その損害を賠償する責任を負う旨が定められています。あなたは、故意に相手方にウイルスを送ったわけではないのでしょうが、ウイルスを送ったことにつき過失が認められるならば、損害賠償の責任を負うことになります。
     こうした事例についての裁判例が報道されたことがないので、どういう場合に過失が認められるかの基準は明確ではありませんが、例えば、あなたが在宅でパソコンを使った仕事をしているような場合、ウイルス検知ソフトなどを利用して、相手方にメールを送る前に、ウイルスを検出し、除去する義務があるといえるでしょう。



     近年、電子メールを利用したウイルスの被害が急増しています。出所不明の添付ファイル(特にEXE形式のもの)は、決して開かず、まずウイルス検出を行うことをお勧めします。こうしたトラブルから身を守るには、自衛しかないのです。IPA(情報処理振興事業協会)セキュリティセンター(IPA/ISEC)ホームページには、注意を要するウイルスの情報などについての記載がありますので参考にして下さい。

     なお、ウイルスに感染したことが分かったときは、感染被害の拡大と再発防止に役立てるため、IPAに届出をするようにして下さい。「コンピュータウイルスに関する届出」(IPA/ISEC)に、届出の方法について記述があります。

2015年07月29日

プライバシーに強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ