バレエの出演者をブログに掲載、これってプライバシーの侵害!?

Legalus編集部さん 2014年03月03日

 ブログでバレエ・ダンス鑑賞記を連載している者です。


 過日、プログラムに載っている出演者の氏名をブログに掲載したところ、「頼みもしないのに、載せられた」と苦情をいわれました。


 人には「氏名権」というものがあって、それが侵害されたといえるのでしょうか?


(60代:男性)

関連Q&A

見覚えのないサイトに個人情報を教えてしまった!今後どうなる?

プライバシー 2015年10月27日

見覚えのないサイトから40万円の滞納があるとメールがきました。親にも言えず自分で解決できるだろうと思い、サイトの指示通りに、住所、名前、地域、生年月日、性別、携帯番号を教えてしまいました。 その後、言われるままに、退会処理費用5千円、...

気づかぬうちにウイルスを送っていた!

プライバシー 2015年07月29日

自分のパソコンにウイルスが入っていることに気づかないまま、他のユーザー(法人)にメールを送ってしまいました。 後日、そのことについて、相手方から賠償請求書が送られてきました。一体どのように対処すればよいのでしょうか。(30代後半:男性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     氏名は、社会において他者と自分を区別するものであり、重要な個人情報であるといえます。ですから、自己の氏名をみだりに使用・発表されない権利は、プライバシー権として認められます(憲法13条)。


     しかし、氏名がその人にとって持つ価値の意味合いは、その個々人の職業、生活形態により大きく異なります。それにより、氏名を使用・発表された人が受ける権利の侵害の度合いも違ってきます。

     たとえば、「お隣のお年寄りが1週間入院している」という記事を、その人の氏名を明らかにしてブログに発表したとしたら、それは違法なプライバシーの侵害にあたるでしょう。

     しかし、「バレリーナAの今回の公演は素晴らしい」とか、あるいは「前回の公演に比べて云々・・・」という記事は、プライバシーの侵害にあたるとはいえないでしょう。


     また、社会的に活動をする人の氏名を一切使用できないとすると、国民の表現の自由(憲法21条1項)は大きく損なわれます。たとえば、政治批判、文学・芸術に関する評論などを考えてみてください。それらは活動の主体が明確にされて、初めて意味を持つものです。

     もちろん、名誉毀損業務妨害にあたるような表現は、正当な理由がない限り原則として許されません。しかし、本件のような表現は、何ら問題がないと考えます。

2014年03月03日

プライバシーに強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ