ブログで友人に中傷的な内容を書かれた!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年07月07日 19時45分

 高校の友人がブログをやっていて、私の旧姓で中傷的なブログを書いてきました。喧嘩別れしていたので、ショックを受けました。これは名誉毀損罪に当たるのでしょうか?

(20代:女性)

匿名弁護士

 名誉毀損罪刑法230条)が成立するためには、1「公然」と2「事実」を摘示することにより、3「人」の、4「名誉を毀損した」と言えなければなりません。では、本件友人の書き込み行為に対し、名誉毀損罪は成立するでしょうか?以下、1~4を順に検討してみましょう。

 「公然」(1)とは、摘示された事実を不特定または多数の人が認識しうる状態を言います。本件のような、インターネット上の開かれた場所での書き込みは、まさに「不特定または多数の人が認識しうる状態」にあると言えます。したがって、本件書き込みは「公然」と行われたと言えるでしょう。
 次に、摘示された「事実」(2)は被害者の名誉(社会的評価)を低下させるに足る具体的なものでなければなりません。本件友人の書き込みがどのような内容であったのかは明らかではありませんが、あなたの社会的評価を低下させる程度のものでないと客観的に判断される内容であれば、名誉毀損罪は不成立となります。また、摘示された事実が具体性を欠くと判断されれば(たとえば、『バカ』などの単に相手を社会的に軽蔑する抽象的判断)、侮辱罪の問題とはなりますが、名誉毀損罪とはなりません。
 さらに、「人」(3)は個人として特定されている必要があります。もっとも、必ずしも明確な名指しを必要とするわけではなく、諸般の事情とあいまって特定人を推知しうる状態であるならば、個人として特定されたと考えられます(最判S28.12.15)。本件ではあなたの旧姓が使われたということですが、旧姓によったとしても、あなた自身を客観的に推知しうるものである以上、名誉毀損罪の成立を阻むものではありません。
 最後に、「名誉を毀損した」(4)というのは、被害者の名誉(社会的評価)を低下させることを意味します。しかし、現実に被害者の社会的評価が低下したかどうかの測定は困難です。そこで、現実に社会的評価を低下させる必要はなく、社会的評価を低下させるに足りる事実を公然と摘示した時点で既遂に達するものと考えられています(大判S13.2.28)。したがって、仮に本件友人の書き込んだ内容があなたの社会的評価を低下させるだけの具体的なものであった場合には、書き込みをした時点で名誉毀損罪が成立していると言えます。

 以上の通り、ブログへ書き込まれた内容があなたの社会的評価を低下させるに足りる具体的なものであるならば、友人の書き込み行為には名誉毀損罪が成立することになります。

2014年07月07日 19時45分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

出会い系サイト

削除依頼 2021年06月11日

ネットサイト出会い系ですが。 被害に、合いまして。個人情報をサイト側に 提出してしまい。後に、悪徳サイトだと、分かりまして、 解決方法は、御座いますか?? nazumi

破産申請して逃げてしまい連絡もつかない代表者が作成したホームページの削除の方法

削除依頼 2020年10月17日

フランチャイズの加盟店の代表者が逃げてしまい破産申請もしていて連絡がつかない状況となり、本部が業務を変わって行うこととなりました。 それにより、もともと加盟店が作成していたホームページを削除したいと考えています。(編集できなければ内容...

離婚後、自分の写っているSNS写真を削除させたい

削除依頼 2020年05月08日

元旦那がお付き合い当時〜結婚当時の写真を削除してくれません。sns(Twitter.ブログ)に載せられた当時の2人の写真を未だに消しておらず、非公開にもしていないので誰でも閲覧できる状態にあるので困ります。 自分のsnsだから自由だと...

掲示板を削除する仮処分の命令が認められた場合に担保金は取り戻せますか?

削除依頼 2020年04月23日

掲示板に対する誹謗中傷等を理由に削除の仮処分の命令の申立を行った場合に於いて もし認められたら、そこで本訴を提起せずに終わりにしたいのですが出来ますか? 1.担保金は返して貰えるのですか?其の場合の手順を教えて下さい。 2.本案訴訟を...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する