ゴルフ場が預託金を返してくれない!

Legalus編集部さん 2014年05月08日

 ゴルフ会員権の預託金返還請求を電話にて問い合わせて、関係書類を送って頂くようお願いしておりました。書類が届きませんので、後日、手続状況を問い合わせたところ、理事会で委託金の返還時期を7年間新たに据え置く決定がなされ、会則を変更したとの回答がありました。
 私が会員になったのは18年以上も前で、当初の会則の委託金据え置き7年は十分クリアーしております。
 何の連絡もなしに、勝手に会則を変えてしまったやり方は、有効でしょうか?

(40代:男性)

関連Q&A

借用書なしで200万円貸しましたが、返済を求められますか?

内容証明 2016年04月19日

5~6年前になりますが、元彼に計200万円貸しました。借用書はありませんが、貸し借りの内容のあるメールのやりとりや、「月々数万ずつ返済する」といった内容の手紙、相手の口座へ振り込んだ通帳なら残っています。 2年前に急に音信不通になり、...

相手方からの直接の連絡を止めさせることはできますか?

内容証明 2016年03月08日

現在、私の過去の過ちで損害賠償請求をされています。相手方には代理人(弁護士)が付いています。その弁護士からの書面に、相手方と直接のやり取りをしないように書いてありましたし、私も相手方が代理人を立てた以上、直接やり取りをしたくありません...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     バブル崩壊後、預託金の償還に応じられないゴルフ場が、ゴルフクラブ理事会やゴルフ場経営会社の取締役会の決議によって預託金の据置期間延長を行うケースが増えています。しかし、こうした決議はたとえ会則に従ってなされたものであっても、この決議に同意しない会員との間では効力を生じないとするのが判例の考え方です。


     そもそも預託金というのは、会員が入会時にゴルフ場会社に預けた金銭で、ゴルフ場側は、それを据置期間中、無利子で運用することができます。しかし、据置期間経過後は会員の請求に応じ、ゴルフ場側はこれを返還しなければなりません。


     この預託金の制度は会員とゴルフ場側の契約に基づいてなされているのですから、一方当事者であるゴルフ場側が勝手にその内容を変更することはできません。あくまで個々の会員との間で合意が成立することが必要です。


     問題となるのは、



    1. 会則に据置期間の延長を理事会の決議で行うことができる旨の記載がある

    2. 大多数の会員が延長に賛同している


    といった場合です。


     このような場合であっても、同意していない会員に対しては効力がないとするのが裁判例の考え方です。したがって、ゴルフ場から同意書が送られてきても、署名しなければ、預託金の返還を求めることができます(署名した場合、その会員については延長の効力が認められます)。


     もっとも、据置期間の延長を申し出ているくらいですから、ゴルフ場の経営状況がよくない場合が大半でしょう。個人名での内容証明郵便を出してもらえば相手もそれなりに対応するでしょうし、実際に訴訟や強制執行となった場合でも、数が多ければ1人あたりの費用負担が軽くなります。

2014年05月08日

内容証明に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ