訴状をなくしてしまいました。どうしたらよいでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月25日 01時14分

 受け取った訴状をなくしてしまいました。第1回口頭弁論期日がわからなくなりましたし、事件番号も、管轄の裁判所も忘れました。片っ端から裁判所に擬制陳述をしに行こうと思っています。その場合、事件番号は不知でかまいませんか?

 それとも、事件番号を開示させたほうがいいでしょうか?そうすると、いろんな裁判所に問い合わせなければならないので、時間がかかりそうです。
 しかも、原告が住所を変更している可能性もあります。いい手段ありませんでしょうか?



(60代:女性)

匿名弁護士

     一般の裁判は、原告の住所地の裁判所か、被告であるあなたの住所地の裁判所かのいずれかで行われます。訴状をなくし第1回口頭弁論期日も分からないし、どこの裁判所かも分からないということで、片っ端から裁判所に擬制陳述をしに行こうとのことですが、毎日毎日どこかの裁判所に朝10時から擬制陳述をしに行くというのは、同じ裁判所でも係属している担当部がどこかも分からないのですから(したがって法廷すら分からないのですから)、時間的にも物理的にも不可能なことだと思います。



     ご質問の内容からすれば、原告の氏名はお分かりのことだと思います。おそらく訴状等を紛失してもそれは覚えているはずですから。また原告が住所変更をしている可能性があるとのことですが、それであるならば、大至急弁護士に相談をして、原告の旧住所を手がかりとして、現在の住所を調査されることをお勧めします。

     財産上の訴えの場合には義務履行地として原告の住所地の裁判所が管轄権を持ちますから(民事訴訟法5条1号)、原告の住所が判明したならば、その住所地を管轄する裁判所に、身分証明書などを持参して事情を説明して裁判所の指示に従った行動をとることになります。また、あなたの住所地が管轄となる場合もありますので、あなたの住所地の裁判所にも行ってみてください。



     さらに、あなたの住所地を担当する郵便局に相談してみてもよいかもしれません。裁判所からの訴状は「特別送達」という形式で送られてきます。これは訴状の発信元である裁判所に対して、あなたがいつ訴状を受領したかということを明らかにするために、郵便局が裁判所にその旨の記載がある葉書等を送付する制度のことをいいます。この特別送達の場合、その控えが郵便局に残っているはずですから、やはり身分証明書などを持参して、大体でもかまいませんから(特定できればなおいいです)、いついつ頃に配達された訴状だけれども、発信元である裁判所を教えてもらいたいとお願いしてみてはいかがでしょうか。これで裁判所が分かれば、その裁判所に出向いて事情を説明し、その指示に従ってください。



     いずれの場合も、当然ながら裁判所に対して訴状を再交付してくれるように頼むことになります。訴状の内容が分からなければ裁判を進めることができないからです。

     訴状を受領してからどのくらいの期間が経過しているのかが分かりませんが、一般的には1か月ほど先の日が第1回口頭弁論期日として指定されています。訴状を受け取ってからかなりの期間が経過していれば(もちろんそうでなくても)早急に上記の方法を試してみてください。

2015年07月25日 01時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

借用書なしで200万円貸しましたが、返済を求められますか?

内容証明 2016年04月19日

5~6年前になりますが、元彼に計200万円貸しました。借用書はありませんが、貸し借りの内容のあるメールのやりとりや、「月々数万ずつ返済する」といった内容の手紙、相手の口座へ振り込んだ通帳なら残っています。 2年前に急に音信不通になり、...

相手方からの直接の連絡を止めさせることはできますか?

内容証明 2016年03月08日

現在、私の過去の過ちで損害賠償請求をされています。相手方には代理人(弁護士)が付いています。その弁護士からの書面に、相手方と直接のやり取りをしないように書いてありましたし、私も相手方が代理人を立てた以上、直接やり取りをしたくありません...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

内容証明に強い弁護士

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

ページ
トップへ