証人に無理やり出廷をやめさせると罪になる?

Legalus編集部さん 2015年06月25日

 今父親が拘置所にいますが 事件の証人として 母親が出廷依頼を受けました。 母親は出廷する意思であったにもかかわらず 事件に関係の無い妹が独断で母親を押さえつけ 強引に出廷を拒否させました。

 理由は 父親の罪を重いままにさせて 執行猶予などがつかない様にさせる為だと姉の私に言いました。 この場合 妹も何らかの処罰など受けますか。



(年齢不詳・女性)

関連Q&A

土地代未払いによる訴訟

民事裁判 2017年01月21日

先日、特別送達が配達され中を確認してみると、初めて聞くような名前の方が土地代を滞納しており、その土地に建ててある建物と土地を明け渡せとの訴状でした。 しかし、その原告も滞納していた方も全く付き合いがなく会ったこともないのに、被告の一人...

裁判を起し和解しました。それに違反した場合は?

民事裁判 2017年01月20日

妻が2年前より不倫をしていました。 何度相手に注意しても聞く耳を持たないので裁判を起しました。 和解になり、 和解条項に 「○○(妻の名前)とは交際しないという事」が載りました。 こちらは不倫の解消をして欲しくて裁判を起したわけで、 ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     妹さんの行為は、証拠隠滅罪刑法104条)に該当すると考えられます。



     この証拠隠滅罪の「証拠」には、物的証拠(例えば、殺人に使われたナイフなど)のみならず、証人等の人的証拠も含まれます。

     したがって、証人として出廷予定であった相談者のお母さんも、ここにいう「証拠」にあたります。



     なお、「証拠」は刑事事件に関するものであれば、犯罪の成否に関するものに限られず、情状に関する証拠も含まれます(大審院昭和7年2月10日判決)。

     したがって、相談者のお母さんが情状証人(情状酌量を求めるための証人)であっても、お母さんは「証拠」にあたります。



     そして、証拠の「隠滅」とは、証拠の顕出(裁判上に現れること)を妨げ、又はその効力を滅失・減少させるすべての行為をいいます(大審院明治43年3月25日判決)。

     したがって、妹さんが、お母さんに出廷を拒否させた行為は、「証拠」であるお母さんが裁判上に顕出することを妨げたと言えるので、証拠の「隠滅」にあたると考えられます。



     以上より、妹さんの当該行為は証拠隠滅罪に該当すると考えられます。



     なお、妹さんの行為は、出廷予定であったお母さんに強引に出廷をやめさせたというものですので、証人等威迫罪刑法105条の2)にもあたると考えられます。

     本条の「強談威迫の行為」にいう、強談とは他人に対し言語をもって強いて自己の要求に応じるよう迫る行為をいい、威迫とは他人に対し言語挙動によって気勢を示して不安の念を生じさせる行為をいいます(大審院大正11年10月3日判決)。

     妹さんの行為はこれにあたると考えられます。



     以上の通り妹さんの行為は犯罪を構成するものであると考えられますので、お父さんの弁護人にご相談されることをお勧めします。

2015年06月25日

民事裁判に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ