主張書面と上申書ってどう違うの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月25日 01時15分

 主張書面というのは普通のノートに書いて提出してもいいのですか。その専用の紙があるのですか。

 また、上申書と主張書面に書く内容は同じではないのですか。主張書面には簡単にあらすじを書くものなのでしょうか。



(40代:男性)

匿名弁護士

 主張書面とは、一般的に「訴状」、「答弁書」、「準備書面」、「控訴状」「控訴理由書」や「上告書」等のことをいいます。

訴訟の一方当事者が、自己が求める判決を得るための主張を文書にしたもので訴訟法に定められているものといっていいでしょう。



 他方、上申書とは官公庁や警察などに対して、法的な所定の手続きなどによらずに単に申し立てや報告などを行うための書類や報告書のことをいいます。

 訴訟において提出される上申書には、「訴訟進行に関する上申書」や「答弁書提出期限延期の上申書」など、判決を導くための事実とは関係のない事項が多いようです。



 もっとも、裁判官は当該裁判において現れた事実すべてを考慮して(「弁論の全趣旨」といいます。)判決を下すので、たとえ提出した書面のタイトルが上申書であってもその内容が当該事件に関して重要な主張や事実であった場合には、主張書面と同じ働きをする書面となるでしょう。



 次に主張書面の形式についてですが、ワープロ打ちでなくノートなどに手書きのものであっても問題ありません。また、主張書面、とりわけ訴状においては「これこれこういう出来事があった。」、「これはこの法律に照らすとこうなるはずである。」、「したがって、〇〇という判決を求める」というような主張の仕方になることがほとんどであると考えられますので、その事件のあらすじを書くことにはなるでしょう。他の主張書面においても、相手の主張に対する反論やこちらの主張の追加、補充を行うために必要な範囲で、適宜事件のあらすじを書くことになると思います。

2015年07月25日 01時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

本人訴訟中 陳述書を出したいのですが、手続きはいるのでしょうか。

民事裁判 2018年01月22日

本人訴訟中の原告です。次回は2回目の口頭弁論を控えています。 事件は、貸金返済請求です。 被告代理人弁護士から答弁書が来ましたが、内容は事実ではない事ばかりが羅列されています。 中でも、してもいない暴力を原告にされ、仕方なく借用書に署...

行為要求だけで提訴の問題点

民事裁判 2017年12月03日

1)慰謝料は要求せずに悪臭排煙の除去設備の設置と言う行為要求だけで提訴できるか。 2)この場合訴額は算定不能で160万になりますか。 3)慰謝料要求も付けたら訴額はそれの分「だけ」を書いて良いか。

民事訴訟: 訴状に添付する別紙

民事裁判 2017年11月28日

民事訴訟で損害賠償請求を検討中です。 訴状を作成するにあたり、医療費の内訳(各医療機関名や支払い額)や通院費(経路、交通機関、運賃)について、詳細を別紙で一覧にして記載したいと思っています。 その別紙については訴状に含むわけですが、「...

民事裁判場所について

民事裁判 2017年11月18日

民事訴訟の裁判場所についてです。 債権者住所が東京、債務者住所は九州です。 これから訴訟提起しますが、この場合裁判場所はどこになりますか? 九州での裁判になった場合、交通費がかなりかかりますが、 勝訴した際には、裁判にかかった費用を債...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事裁判に強い弁護士

【初回相談無料】【土曜日相談可】地域に根ざした法的サポートをご提供いたします

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

【川口駅前の法律事務所】【初回相談無料】不動産、債務整理、相続、離婚問題などお気軽にご相談下さい!

【NHKあさイチ ゲスト出演】【弁護士直通】【電話相談可】【夜間/土日対応可】企業法務・個人依頼者の実績が多数...

交通事故の被害に遭われた方を徹底的にサポートします。

ページ
トップへ