親族間のいざこざ全般を裁判所で解決してもらえる?

Legalus編集部さん 2016年03月23日

 親族と関係が上手く行っていないので、親族関係調整の調停申立てを考えています。そこでお伺いしたいのですが、親族とは何処までの範囲を指すのでしょうか?

 親族関係調整申立て手続きは何親等まで可能なのでしょうか?



(40代:男性)

関連Q&A

ホテルのキャンセル料

民事裁判 2016年10月31日

当日にホテルを予約してホテルに行く途中、お金を落としてしまいホテルの宿泊できない、キャンセルを伝えました。翌月同じグループのホテルに予約を入れて宿泊しに行きました。前回のキャンセル分を含めて支払いしないと宿泊させないと言われました。 ...

証拠偽造は罪に問われないのでしょうか?

民事裁判 2016年10月31日

民事で裁判をしています。 相手方が全てにおいて偽証し、証拠も明らかに偽造しています。 自らの直筆の書類は、身に覚えが無く、私が相手の字を真似て偽造したと白を切るばかりか、第三者が書いた書類を私が書いた書類として証拠として提出しています...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     親族関係調整調停とは、親族間において、感情的対立や親などの財産の管理に関する紛争等が原因となるなどして親族関係が円満でなくなった場合に、円満な親族関係を回復するための調停です。

     調停手続では、調停委員が、親族関係が円満にいかない原因などについて、当事者双方から事情を聴いたり、必要に応じて資料等を提出させるなどして事情をよく把握して、解決案を提示したり、解決のために必要な助言をします。



     この調停を申立てる事ができるのは、「相手方と親族関係にある者」であり、何親等以内という制限はありません。

     なお、親族とは血縁関係または婚姻関係で繋がりを有する者の総称のことであり、血のつながりを持つ人や婚姻により関係を持つこととなった人であれば、親族にあたります。

2016年03月23日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ