書面を提出していれば裁判所に行かなくてもよい?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月25日 01時43分

 地方裁判所で損害賠償訴訟をおこされ答弁書のみで口頭弁論は出席しておりません。相手方は弁護士が付いていますが、損害の立証がうまく行かないみたいです。2回目の証拠を出してきましたが、当方から「全て相手方の勘違いによるものであり、専門家の鑑定を付けるように」という内容で2回目の書面をFAXで提出しました。二回目の期日にも出席していません。
今後も、このような対応で良いでしょうか。欠席裁判で判決は出ないでしょうか。



(40代:男性)

匿名弁護士

 一方当事者が最初の期日に欠席し、または出席しても本案の弁論をしないときは、裁判所は、その者が提出した訴状または答弁書その他の準備書面に記載した事項を陳述したものとみなされます(陳述擬制民訴法第158条)。

 今回、相談者が答弁書を提出した上で、第一回期日に出席しなかったのはこれにあたります。ですので、第一回期日においては相談者が事前に提出された答弁書に記載された主張が擬制陳述されています。

 しかし、第二回期日以降の続行期日において一方当事者の欠席の場合には、民訴法第158条は適用されず、準備書面を提出していても陳述したものとはみなされません。口頭主義という裁判原則に反することになるからです。

 ですので、相談者が第二回期日前に提出された準備書面は、相談者が当該期日を欠席されたことによって未だ陳述されていない状態です。第三回期日以降は出席され陳述をされた方が良いでしょう。

 また、相談者は答弁書で争うという態度を示されていますので、相手方の主張をそのまま認めた判決が下されるいわゆる欠席判決が下されることはありません。ただ、口頭弁論期日に出頭しない当事者が、準備書面等で相手方の主張した事実を争うことを明らかにしない場合には、その事実を自白したものとみなされる(擬制自白159条3項)ため、事実認定で不利に働く恐れがあります。

2015年07月25日 01時43分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

本人訴訟中 陳述書を出したいのですが、手続きはいるのでしょうか。

民事裁判 2018年01月22日

本人訴訟中の原告です。次回は2回目の口頭弁論を控えています。 事件は、貸金返済請求です。 被告代理人弁護士から答弁書が来ましたが、内容は事実ではない事ばかりが羅列されています。 中でも、してもいない暴力を原告にされ、仕方なく借用書に署...

行為要求だけで提訴の問題点

民事裁判 2017年12月03日

1)慰謝料は要求せずに悪臭排煙の除去設備の設置と言う行為要求だけで提訴できるか。 2)この場合訴額は算定不能で160万になりますか。 3)慰謝料要求も付けたら訴額はそれの分「だけ」を書いて良いか。

民事訴訟: 訴状に添付する別紙

民事裁判 2017年11月28日

民事訴訟で損害賠償請求を検討中です。 訴状を作成するにあたり、医療費の内訳(各医療機関名や支払い額)や通院費(経路、交通機関、運賃)について、詳細を別紙で一覧にして記載したいと思っています。 その別紙については訴状に含むわけですが、「...

民事裁判場所について

民事裁判 2017年11月18日

民事訴訟の裁判場所についてです。 債権者住所が東京、債務者住所は九州です。 これから訴訟提起しますが、この場合裁判場所はどこになりますか? 九州での裁判になった場合、交通費がかなりかかりますが、 勝訴した際には、裁判にかかった費用を債...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事裁判に強い弁護士

【土日祝日・夜間相談可】【メール相談可】お話をよく伺い、最善の方針をご提案します

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

依頼者のために最善を尽くしていきます

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

ページ
トップへ