書面を提出していれば裁判所に行かなくてもよい?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月25日 01時43分

 地方裁判所で損害賠償訴訟をおこされ答弁書のみで口頭弁論は出席しておりません。相手方は弁護士が付いていますが、損害の立証がうまく行かないみたいです。2回目の証拠を出してきましたが、当方から「全て相手方の勘違いによるものであり、専門家の鑑定を付けるように」という内容で2回目の書面をFAXで提出しました。二回目の期日にも出席していません。
今後も、このような対応で良いでしょうか。欠席裁判で判決は出ないでしょうか。



(40代:男性)

匿名弁護士

 一方当事者が最初の期日に欠席し、または出席しても本案の弁論をしないときは、裁判所は、その者が提出した訴状または答弁書その他の準備書面に記載した事項を陳述したものとみなされます(陳述擬制民訴法第158条)。

 今回、相談者が答弁書を提出した上で、第一回期日に出席しなかったのはこれにあたります。ですので、第一回期日においては相談者が事前に提出された答弁書に記載された主張が擬制陳述されています。

 しかし、第二回期日以降の続行期日において一方当事者の欠席の場合には、民訴法第158条は適用されず、準備書面を提出していても陳述したものとはみなされません。口頭主義という裁判原則に反することになるからです。

 ですので、相談者が第二回期日前に提出された準備書面は、相談者が当該期日を欠席されたことによって未だ陳述されていない状態です。第三回期日以降は出席され陳述をされた方が良いでしょう。

 また、相談者は答弁書で争うという態度を示されていますので、相手方の主張をそのまま認めた判決が下されるいわゆる欠席判決が下されることはありません。ただ、口頭弁論期日に出頭しない当事者が、準備書面等で相手方の主張した事実を争うことを明らかにしない場合には、その事実を自白したものとみなされる(擬制自白159条3項)ため、事実認定で不利に働く恐れがあります。

2015年07月25日 01時43分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する