郵便局の誤配を訴えることはできる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年06月17日 20時21分

 特別送達郵便の誤配により開封された手紙が届きました。だいたい特別送達郵便は、本人の確認がないと受け取れないはずなのに誤配先が受け取り開封してしまうとは、あり得ません!どうしたら良いでしょうか?告訴も考えています。



(50代:女性)

匿名弁護士

 特別送達とは、民事訴訟法で規定されているもので、裁判所などから訴訟関係人に送達すべき書類を郵送することを意味します(民事訴訟法103条から106条郵便法44条49条。送達については民事訴訟法98条などを参照)。



 特別送達の場合、「郵便業務従事者の故意又は過失により、その郵便物に係る郵便の役務をその本旨に従って提供せず、又は提供することができなかったとき」は損害を賠償しなければならないとされています(郵便法50条3項、4項内国郵便約款157条2項)。

 もっとも、誤配があったとはいえ、最終的に受取人に届いた場合、郵便法54条により、損害賠償請求権が消滅するため、郵便法に基づく損害賠償請求は難しいかもしれません。



 とはいえ、今回の郵便物は、訴訟上の書類を送るための特別送達郵便です。これは、訴訟上の期間の計算などにも関わる重要なものになります。例えば、上訴できる期間は送達完了後から進行します(民事訴訟法285条参照)。仮に誤配によって期限を徒過した場合は、上申書の提出や控訴却下に対する抗告などの手続きが必要になってくる可能性があるため注意が必要です。

 どのような訴訟関係資料なのかはご相談内容からわからないため、詳細なことはお答えできませんが、郵便業務従事者の故意又は過失によって誤配が生じ、そのことによって裁判上の不利が出た場合(上訴などが間に合わなかったなど)は、郵便法54条の規定にかかわらず、生じた損害について賠償請求が可能ではないかと思われます。

2015年06月17日 20時21分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する