刑事罰が下る前に民事調停を成立させると不利?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年05月08日 02時48分

 6歳になる子供が成人男性から暴力を受けました。刑事告訴すると同時に、民事調停の申立てをしました。
 被害者は我が子以外にも3名いることが判明したため、さらに捜査が必要で、送検までにはまだまだ時間がかかるとのことです。そんな中、調停は慰謝料を含め話がすすみ、終結の気配がしています。
 刑事罰が下る前に調停に応じてしまっても、不利にはならないのでしょうか? また、和解してしまうと、告訴を取り下げなければならないのでしょうか?

(30代:女性)

匿名弁護士

 我が国の法律は、「刑事責任」と「民事責任」を別のものと考えています。
 「刑事責任」を問う手段としての刑事罰は国家が犯罪者に科すものですが、「民事責任」は、損害を受けた被害者が加害者に対して行為の賠償を求めるものであり、両者は性質が異なります。したがって、刑事責任と民事責任は基本的には無関係に成立します。


 例えば、刑事上は犯罪不成立や起訴猶予処分となっても、民事上被害者が被った損害は甚大で損害賠償が巨額となることがありますし、逆に、民事上の請求額は少なくても(被害があっても被害者が請求しないこともありえます)、犯罪としては悪質で厳しい判決が下されることもあります。特に、国家や社会に対する罪は、直接の被害者となった個人の損失が小さいものであっても、凶悪犯罪として厳しく刑事責任を問われることが珍しくありません。
 典型例が、公共危険罪の代表とされる、放火罪刑法108条以下)です。結果的にはボロボロの古家が一軒燃えただけにとどまっても──したがって犯人の負うべき民事上の責任は軽くても──、刑事上は不特定多数の人の生命・身体および財産に対して大きな危険を生じさせる犯罪として、厳罰が用意されているのです。


 これは、裏を返せば、犯罪が個人の法益(法律上保護された利益)に関するものであれば、その法益は原則として個人が処分できる以上、この類型の犯罪においては刑事責任を科すときにも被害者の意向を考慮して不都合はない、ということになります。
 つまり、調停等において加害者が被害者に対して相当な金銭的賠償を申し出、それに被害者も同意したというような事情が生じれば、それは加害者の反省心の表われであり、被害者の感情も一応は慰撫されたものとして、起訴するか否かの決定・量刑等に反映されても不自然ではありません。


 「刑事罰が下る前に和解してしまっても、不利にはならないのでしょうか?」とのお尋ねですが、「不利」という意味が「犯人が、犯した罪に比して不当に軽く処分されるのではないか」ということでしたら、その心配はないと思います。裁判官も、民事調停が成立しているという一事をもって事足れりとするわけではありません。ましてや、あなたのお子さんの他にも被害者がいるならなおさら、犯罪は犯罪として厳正に裁かれることでしょう。
 また、調停が成立したからといって、必ず告訴を取り下げなければならないということはありません。調停はあくまで民事上のものだからです。しかし、調停や示談の成立にあたって相手方に告訴の取下げを約束した場合は、それを守らなければならないことはいうまでもありません。

2015年05月08日 02時48分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

本人訴訟中 陳述書を出したいのですが、手続きはいるのでしょうか。

民事裁判 2018年01月22日

本人訴訟中の原告です。次回は2回目の口頭弁論を控えています。 事件は、貸金返済請求です。 被告代理人弁護士から答弁書が来ましたが、内容は事実ではない事ばかりが羅列されています。 中でも、してもいない暴力を原告にされ、仕方なく借用書に署...

行為要求だけで提訴の問題点

民事裁判 2017年12月03日

1)慰謝料は要求せずに悪臭排煙の除去設備の設置と言う行為要求だけで提訴できるか。 2)この場合訴額は算定不能で160万になりますか。 3)慰謝料要求も付けたら訴額はそれの分「だけ」を書いて良いか。

民事訴訟: 訴状に添付する別紙

民事裁判 2017年11月28日

民事訴訟で損害賠償請求を検討中です。 訴状を作成するにあたり、医療費の内訳(各医療機関名や支払い額)や通院費(経路、交通機関、運賃)について、詳細を別紙で一覧にして記載したいと思っています。 その別紙については訴状に含むわけですが、「...

民事裁判場所について

民事裁判 2017年11月18日

民事訴訟の裁判場所についてです。 債権者住所が東京、債務者住所は九州です。 これから訴訟提起しますが、この場合裁判場所はどこになりますか? 九州での裁判になった場合、交通費がかなりかかりますが、 勝訴した際には、裁判にかかった費用を債...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事裁判に強い弁護士

【初回相談無料】【夜間・土日祝・出張の相談可】悩み事が少しでも晴れますよう丁寧かつ誠実に対応します。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談無料】【土日祝日夜間対応可】お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【川口駅前の法律事務所】【初回相談無料】不動産、債務整理、相続、離婚問題などお気軽にご相談下さい!

【初回相談無料】【夜間・土日祝日相談可】まずはお気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【初回法律相談無料】常にご依頼者様の立場で考え、最善の解決に向けて一緒に粘り強く取り組みます。一人で悩まずどん...

ページ
トップへ