訴訟提起するという夫

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月25日 01時24分

 夫宛に、信販会社からの封書が届きました。ローンを組んだという話も聞いていなかったので気になり、開封してみたところ、「200万円を支払え」という内容のもの。何なのか問い詰めたところ、結婚前に友人がバイクを購入する際の保証人になっていたというのです。平成15年10月から友人は支払いを滞らせ、今は連絡も取れなくなってしまったようです。

 生保など解約出来るものは解約して、請求された金額を支払うように言ったところ、夫は「裁判で減額を申し立てる」と言いだしました。いわく、「保証人の支払いなんか、まともに払うヤツはいない」。私としては、さっさと全額支払って後でもめないようにしたいのに、夫は裁判裁判と聞きません。
 裁判などして、夫の主張が通ることはあるのでしょうか?



(30代:女性)

匿名弁護士

 裁判には、費用も時間もかかるものです。当事者として公判期日に出廷しなければならないことがありますし、弁護士に依頼する場合も、着手金、報酬などを支払わなければなりません。

 そこで、コストを重視する債権者としては、法廷で争えば満額勝ち取れる事件であっても、示談にしたり和解に応じたりして、程々の回収額で手を打とうとする傾向がないとはいえないのです。「保証人の支払いなんか、まともに払うヤツはいない」というのは、このような場合のことを指すのでしょう。しかし、それはあくまで、債権者側の事情でそうなることもあるにすぎません。

 債権者は、法律が規定する方法によって、債権を実現させることができます。保証人は債権者に対し保証債務を負っているわけですから、その債務を履行しなければなりません。非協力的な態度を見せれば、仮差押え等の手段に出てくる可能性もあります。そうなると、こちらも応戦体制に入らざるを得なくなってきます。



 今回の事件で、保証人たるあなたの夫の方から訴えを起こすとすれば、保証債務の不存在(そもそも保証人になった覚えはない、等)か、その金額(保証債務は200万円ではなく、100万円である、など)について争うことになると思われます。

 しかし、真正な保証契約書に署名し、判を押した事実と書証(証拠書類)があるならば、訴訟を起こしたとしても、保証人の主張が通る可能性はほとんどありません。必ず勝てる訴訟において、債権者が譲歩して和解に応じるとも思えません。

 負ければ、保証債務の支払を命じられるだけでなく、裁判費用も負担しなければなりません。訴訟の提起は、くれぐれも慎重になさるべきと考えます。

2015年07月25日 01時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する