事実は無いのに関係を持ったと人に噂され困っています

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 信用していた友達の家に遊びに行った時、その友達の父親に力づくで身体を求められました。暴れて抵抗し、その場は逃れたのですが、周りの人に関係を持ったと噂され、困っています。

 精神的にもかなり辛く、身体全体に蕁麻疹が出てしまうなど、体調もおかしくなってしまいました。

 このような場合、相手を訴える等、何か手段はないものでしょうか?

(10代:女性)

関連Q&A

訴状をなくしてしまいました。

民事裁判 2017年04月28日

第1回口頭弁論期日がわからなくなりましたし、事件番号も、管轄の裁判書もわすれました。片っ端から、裁判所に、擬制陳述をしに、いこうと、思ってます。その場合、事件番号は、不知でかまいませんか? それとも、事件番号を開示させて、もらったほう...

反訴する場合としない場合、答弁書は同じ内容で提出していて大丈夫でしょうか?

民事裁判 2017年04月28日

反訴する場合としない場合、答弁書は同じ内容で提出していて大丈夫でしょうか? 答弁書と証拠書類を初めから全て見せておくと不利にはなりますか? 手の内は初めから見せてよいのか、ということです。 原告に対して、請求を棄却する明らかな証拠や証...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     友達の父親のした行為は、強姦未遂罪(刑法177条179条)にあたります。彼に刑事責任を問うことを望むなら、警察に被害届を出せば、捜査が開始されるでしょう。

     ただ、その場合、警察や裁判所で、いろいろと事情を聞かれ、調べられ、辛く恥ずかしい思いをすることになるかもしれません。刑法は、強姦を、被害者の心情や名誉に配慮して告訴を被害者本人やその親権者等に委ねる親告罪としています(刑事訴訟法230条231条1項)。強姦罪は、その性質上、被害者と加害者以外に犯罪事実を知る者がいないことが多いため、犯行時の情況を正確に把握することは捜査機関の重要な仕事になるのです

     加害者に対しては、不法行為(民法709条)に基づいて損害賠償を請求し、民事責任を問うこともできます。


     次に、あなたが潔白であるにもかかわらずあらぬ噂を流している人達の行為は、名誉毀損罪にあたります(刑法230条)。この人達に対しても、刑事責任のほか、民事責任を問うことが可能です。

     ただ、噂を流すという行為は、証拠をあげて証明することが難しい面があります。メールや手紙などの証拠がない場合には、噂を聞いたという人を探し、証人となって協力してもらうことが必要となります。


     最後に、あなたが処女で性交の経験がない場合、あくまで潔白であることを医学的に証明したいのであれば、専門医に診断書を作成してもらうことも可能のようです。

     なお、強姦された場合にも、直ちに専門医の診察を受けておけば、犯罪事実の存在や犯人の特定のための有力な証拠になります。

2014年01月07日

民事裁判に強い弁護士

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ