自分を誹謗・中傷した友人に慰謝料請求できる?

Legalus編集部さん 2015年05月09日

 私と共に上京した友人が帰省し、10名程度集まった地元の飲み会の場で、私のことを「あいつナンパしたんだって~」とか、一般的な悪口(臭い、ちび、性格が悪いなど)を、さんざん言っていたと知人から聞きました。事実を確認するため他の参加者に電話をかけたところ、私は、とても笑い者にされてしまいました。おそらく、数日で広がると思います。
 私は、本当にショックを受け、死にたいとさえ思いました。不特定多数に中傷され、現在、地元にも帰りにくい状況です。
 このように陰で誹謗・中傷された場合、悪口を言った友人に慰謝料を請求することができるのでしょうか?


(10代:男性)

関連Q&A

ホテルのキャンセル料

民事裁判 2016年10月31日

当日にホテルを予約してホテルに行く途中、お金を落としてしまいホテルの宿泊できない、キャンセルを伝えました。翌月同じグループのホテルに予約を入れて宿泊しに行きました。前回のキャンセル分を含めて支払いしないと宿泊させないと言われました。 ...

証拠偽造は罪に問われないのでしょうか?

民事裁判 2016年10月31日

民事で裁判をしています。 相手方が全てにおいて偽証し、証拠も明らかに偽造しています。 自らの直筆の書類は、身に覚えが無く、私が相手の字を真似て偽造したと白を切るばかりか、第三者が書いた書類を私が書いた書類として証拠として提出しています...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     本件の場合、あなたを誹謗・中傷した友人に対して、民法709条不法行為に基づく損害賠償を請求することが考えられます。同請求が認められるためには、友人が権利・利益を侵害したこと、その侵害が友人の故意・過失によってなされたこと、および、それによってあなたに損害が生じたことが必要になります。

     本件で問題となるのは、友人が権利・利益を侵害したといえるかどうか、すなわち、友人の言動があなたの名誉感情を侵害といえるどうかということにあります。


     友人は、飲み会に参加した10名程度の人に対して、「あいつナンパしたんだって」とか、一般的な悪口を言っています。しかし、このような限られた事情だけでは、友人があなたの名誉感情を侵害したといえるかどうかは疑問です。
     例えば、あなたの性格が悪いということを具体的な事実をあげて指摘し、しかもそれが悪質であるといえる場合には、友人の言動があなたの名誉感情を侵害したといえる可能性があると思います。
     なお、友人の行為があなたの名誉感情を侵害したといえる場合は、友人が、あなたを傷つける意図を仮に有していなくても、注意すれば、あなたの名誉感情を侵害することを予測できたといえます。この点からすると、友人には、少なくとも過失があったといえます。その結果、あなたの受けた苦痛・不快感は、精神的損害と評価でき、不法行為に基づく損害賠償請求が認められることがあります。

2015年05月09日

民事裁判に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ