刑事・民事事件の判断基準と不服申立てについて

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月25日 03時10分

 明らかに恐喝事件だと思って警察に相談に行きましたが、具体的な説明もなく「それは民事事件である」との理由で取り合ってくれませんでした。

 警察は業務を増やさないために「民事」と断定する事が多いと聞きます。民事と判定する判断基準を具体的に教えてください。

 尚、行政不服審査法の制度がありますが、このような場合に該当するのか、該当するとしたら手続きの窓口の所在を御教示ねがいます。


(70代:男性)

匿名弁護士

 刑事事件においては、被害届や告訴を受け付けると、警察などの捜査機関は所定の捜査を行わなければなりません。そこで、仕事を増やさないために「民事不介入」を盾に取り、ろくろく事情を聞くこともしない、という話をしばしば耳にします。

 しかし、警察に持ち込まれる相談の全てに対応するのが不可能であることも事実なので、やむなく事件性の高い相談から処理していく、ということにならざるをえません。


 では、どのような事件なら「事件性が高い」と判断されるかというと、公表された基準はないようです。

 しかし、一般に、被害の程度(負傷の程度、被害金額の多寡など)、加害者と被害者の人的関係(親子・夫婦・兄弟なのか、赤の他人か)、相談者の様子(恐怖しているか、憤激興奮しているか)などが考慮されると考えられます。

 ただ、基準があるとしても、「その基準にどの程度当てはまれば相談に応じるべきか」については担当の警察官に裁量が認められていると考えられます。

 したがって、相談に応じなかったことが、不当(裁量判断の妥当性や合理性を欠くこと)であったとしても、直ちに違法(法律、規則、条例等に違反していること)であるとまでは、一概にいえないことには注意してください。


 では、どうすればよいかですが、その警察署を相手にせず、本部に直接持ち込むか、それも拒否されるときは、お住まいの都道府県の公安委員会に直接相談するという手段があります。

 なお、行政不服審査法では、「違法」な処分だけではなく、「不当」な処分に対しても不服申立てのみちが開かれています(行政不服審査法1条1項)。

 しかし、不服申立ての対象となる行為は「処分」とされ、それは事実行為を含むものの(同法2条1項)、「直接国民の権利義務を形成し、又はその範囲を確定する効果を伴うものをいう」(判例)と理解されています。

 これによれば、今回の警察官の対応を「処分」とすることは困難ではないかと考えます。

2015年07月25日 03時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

行為要求だけで提訴の問題点

民事裁判 2017年12月03日

1)慰謝料は要求せずに悪臭排煙の除去設備の設置と言う行為要求だけで提訴できるか。 2)この場合訴額は算定不能で160万になりますか。 3)慰謝料要求も付けたら訴額はそれの分「だけ」を書いて良いか。

民事訴訟: 訴状に添付する別紙

民事裁判 2017年11月28日

民事訴訟で損害賠償請求を検討中です。 訴状を作成するにあたり、医療費の内訳(各医療機関名や支払い額)や通院費(経路、交通機関、運賃)について、詳細を別紙で一覧にして記載したいと思っています。 その別紙については訴状に含むわけですが、「...

民事裁判場所について

民事裁判 2017年11月18日

民事訴訟の裁判場所についてです。 債権者住所が東京、債務者住所は九州です。 これから訴訟提起しますが、この場合裁判場所はどこになりますか? 九州での裁判になった場合、交通費がかなりかかりますが、 勝訴した際には、裁判にかかった費用を債...

訴訟費用に測定費用を含むか

民事裁判 2017年11月08日

悪臭被害の損賠訴訟で 市の委託での臭気指数測定はかなり強風時に行われたせいで規制血を1。0下回ったので 再度自分で測定を無風時に委託して行なった場合、 その料金は訴訟費用に含まれて取り返せるか。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事裁判に強い弁護士

お一人で悩まず、まずはご相談ください。

【初回相談無料】【土曜日相談可】地域に根ざした法的サポートをご提供いたします

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

【桜木町から徒歩5分】弁護士ランキング上位。口コミでのご依頼も多数。弁護士費用もわかりやすく、リーズナブルにご...

ページ
トップへ