訴訟の提起について

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月25日 00時58分

 話せば長い話になってしまうのですが、訴訟を提起したいと考え、ある弁護士に相談に行ったところ、「勝訴の可能性は1パーセントである」といわれてしまいました。何とか、勝訴に導いてくれる弁護士を探したいのですが、どうしたらいいのか、見当もつきません。

 証人はいるのですが、今ところ、その証人は事実と反したことをいっています。実際の裁判でないと本当のことを話してくれそうにありません。嘘を言って、そういう事実はないといっています。他に証拠はありません。

 短絡的な文章になってしまいましたが、どうかご教示のほどよろしくお願いいたします。


(30代:男性)

匿名弁護士

 民事訴訟においては、訴えを提起し、自分の主張が正しいと証明する責任(主張立証責任といいます)は、原則として当事者に委ねられています。

 裁判所は、当事者の提出した証拠によって原告の請求が理由のあるものかどうかを受動的に判断するという建前なので、勝訴したいと願う当事者は自ら積極的に訴訟追行をしなければなりません。

 もちろん、公平で充実した審理を実現するため、裁判所がアドバイスのような行為(「積極的釈明」といいます。民事訴訟法149条参照)をすることはあります。しかし、そのような義務が一般的に裁判所に課されているわけではないので、当てにすることはできません。



 そこで、当事者としては、裁判所が「この者の主張が正しい」との心証を抱いてくれるような証拠を提出しなければなりません。

 しかし、それは「この人は嘘を言っていない」というような、漠然とした好印象を抱かせるだけでは足りないのです。

 特に原告は、訴えを退ければ足りる被告と異なり、相手に請求を求めていく立場にあるので、「このような事実が揃えば法律上○○と認められる」という事実(要件事実・主要事実といいます)をもれなく主張立証しなければなりません。



 たとえば貸金請求訴訟で勝訴しようとすれば、請求の原因として、(1)金銭の授受 (2)返還の約束 (3)返還時期の合意 (4)返還時期が過ぎたこと の全てを証明しなければなりません。そのどれについて裁判所が疑いを持っても、請求は棄却されてしまいます。これらが認められたうえで、被告が「借りたのは事実だが、すでに返した」などと防御の主張をしていくことになります。

 俗に「借用証書があると強い」といわれるのは、借用証書には(2)(3)の事実が記載されているのが通常で、しかも契約の内容に合意があったことが債務者の署名押捺で推定されるからです。

 借用証書を紛失した場合や口頭で貸し借りの約束をした場合には、これらを一から証明しなければなりません。そのために証人を探すのですが、たとえ証人が見つかった場合でも、証人には出頭し宣誓し真実を語る義務があるものの(民事訴訟法190条など)、証人が誠実に証言してくれるとは限らないのが現実だからです。



 あなたが相談した弁護士が「勝訴の可能性は1パーセントしかない」と言ったのは、確保できている証人の証言だけでは主要事実の証明が極めて困難だからだと推測します。

 裁判所は、証拠調べの結果だけではなく、「弁論の全趣旨」をもしん酌して(民事訴訟法247条)自由な心証により判断を下すことになっています。

 しかし、請求の原因さえ証明ができないのでは、たとえどんな弁護士が訴訟代理人になったとしても、訴訟上きわめて不利な立場に立つと言わざるを得ません。





(編集部注)

民事訴訟法上、訴訟行為の主体は「裁判所」「裁判長」「陪席裁判官」など特別して規定されていますが、理解しやすいよう、回答文には一律に「裁判所」と記載しています。


2015年07月25日 00時58分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

本人訴訟中 陳述書を出したいのですが、手続きはいるのでしょうか。

民事裁判 2018年01月22日

本人訴訟中の原告です。次回は2回目の口頭弁論を控えています。 事件は、貸金返済請求です。 被告代理人弁護士から答弁書が来ましたが、内容は事実ではない事ばかりが羅列されています。 中でも、してもいない暴力を原告にされ、仕方なく借用書に署...

行為要求だけで提訴の問題点

民事裁判 2017年12月03日

1)慰謝料は要求せずに悪臭排煙の除去設備の設置と言う行為要求だけで提訴できるか。 2)この場合訴額は算定不能で160万になりますか。 3)慰謝料要求も付けたら訴額はそれの分「だけ」を書いて良いか。

民事訴訟: 訴状に添付する別紙

民事裁判 2017年11月28日

民事訴訟で損害賠償請求を検討中です。 訴状を作成するにあたり、医療費の内訳(各医療機関名や支払い額)や通院費(経路、交通機関、運賃)について、詳細を別紙で一覧にして記載したいと思っています。 その別紙については訴状に含むわけですが、「...

民事裁判場所について

民事裁判 2017年11月18日

民事訴訟の裁判場所についてです。 債権者住所が東京、債務者住所は九州です。 これから訴訟提起しますが、この場合裁判場所はどこになりますか? 九州での裁判になった場合、交通費がかなりかかりますが、 勝訴した際には、裁判にかかった費用を債...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事裁判に強い弁護士

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

横浜駅徒歩3分。法的な悩み事はそのままにせず、専門家にお早めにご相談ください。※初回電話相談は30分まで無料です。

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

【初回相談無料】【当日・夜間・休日・電話相談可】【24時間メール予約】弁護士がこれまでの経験とノウハウを駆使し...

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

ページ
トップへ