海外在住の相手に日本の裁判所で訴訟を起こす事はできる?

Legalus編集部さん 2015年07月25日

 以前に付き合っていた外国人の彼氏の父親が経営するマレーシアの会社に、200万円を貸しました。海外送金に関しては、彼の父親からのサイン入りの書面(印鑑などはありません)と銀行からの送金書類があります。

 
相手が外国にいる場合でも、日本の裁判所に訴訟を起こすことはできるのでしょうか。


(30代:女性)

関連Q&A

審判の不服申し立てについて

民事裁判 2017年01月14日

Wikiや裁判所のホームページなどで「抗告」について調べたのですが、いまいち理解ができません。もう少し詳しくわかればと思い投稿しました。 ・審判の即時抗告 ・即時抗告されてから、決まるまでのおよその期間(1度目の審判は、書類提出か ら...

恥ずかしい話なのですが・・・。母を助けたい!!!

民事裁判 2017年01月13日

妹は、産後内臓疾患と細胞の病気が発覚ししかも家を建てている途中に旦那が単身赴任となりました。 妹夫婦に生活できないと頼まれて母親は1ヶ月半前に21年勤めた会社を退職し、妹の元へ。。。 些細なことで妹は母に『出て行け!!!』とか、押し付...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     日本で裁判を起こすことも可能ですが、費用・時間などの点を考慮する必要があります。


     まず、外国に住んでいる外国人に対して訴訟を起こそうとする場合、いずれの国の裁判所で解決されるべきなのかという「国際裁判管轄」の問題があります。

     
    基本的には、民事訴訟法の定める裁判籍が日本国内にあるときは、被告を日本の裁判権に服させることができます(最判昭和56年10月16日)。

     
    ご相談の場合、お金を返してもらう場所を日本国内と定めているか、定めていなかったとしてもあなたの現在の住所地に裁判籍がありますので(義務履行地民訴法5条1号民法484条)、日本の裁判所の管轄権が認められる可能性はあります。

     
    もっとも、当事者間の公平・裁判の適性・迅速といった観点から、日本で裁判をなすことを不当とするような事情がある場合には、日本で裁判をすることが否定される場合もあります。


     また、日本で裁判をする管轄権が認められたとしても、日本の裁判所はマレーシアにいる被告(元彼の父親)に対して訴訟の書類を「送達」する必要があります。

     
    日本は、多くの外国との間で協力を得られる体制となっており、日本の裁判所で提訴された事件について「送達」ができる可能性は高いです。

     
    ただし、翻訳文の作成が必要であったり、費用・時間がかかるなど、日本に住んでいる人を訴える場合と比べて負担が重くなるといえるでしょう。


     さらに、最終的にあなたが日本の裁判所で勝訴判決をもらったとしても、果たしてその判決に基づいて、相手の財産から強制的に貸金を回収することができるのか(執行できるのか)、そのためにどの程度の手数がかかるのか、という問題もあります。


     以上のように、外国に住んでいる外国人に対して貸金の返還請求をするには、管轄送達の問題に加え、費用、時間、勝訴した場合の実際の貸金の回収可能性などを考慮して、訴訟を提起するか、提起するとしても日本の裁判所に行うのか、相手が住んでいる国で訴訟をするのか等さまざまな判断が必要となりますので、お早めに専門家にご相談されることが望ましいと考えられます。

2015年07月25日

民事裁判に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ