弁護士事務所を訴えたい!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月18日 03時24分

 某法律事務所で任意整理をお願いし、全て身内に秘密にしてもらっていましたが、突然、口座振込変更の手紙がきて妻に知られてしまい、離婚騒ぎになりました。法律事務所に落ち度があるのではないでしょうか?



(30代:女性)

匿名弁護士

     事情によっては、法律事務所側の責任を問える可能性もあります。



     法律事務所側の落ち度が認められるかどうかは、あなたと法律事務所(の弁護士)との間の契約・依頼内容や、事件の経過などによるでしょう。



     任意整理を「全て身内に秘密にしてもらっていた」とのことですが、弁護士に対して、自宅に電話をしたり手紙を送付したりしないよう、明確に依頼していたでしょうか。「委任状」や「委任契約書」の内容に盛り込まれたりしていれば最も分かりやすいので、確認してみましょう。

     仮に明確に依頼していなくても、依頼の内容や事案の性質などから、弁護士としては当然、あなたの身内に依頼内容が漏れないように細心の注意を払うべきということが、黙示的にでも示されていたでしょうか。

     そのような場合であったにもかかわらず、弁護士の注意義務違反により自宅に手紙が送付され、妻に任意整理がばれてしまったことで大喧嘩になり、離婚することになってしまったようなときには、あなたは弁護士に対して、損害賠償を請求できます(民法415条709条)。

     もっとも、法律事務所が手紙を送付することになった経緯などにもよると考えられます。あなたの連絡先が限られていて、あなたと早急に連絡を取ろうとしたのにどうしても連絡が取れなかった場合など、弁護士が自宅に手紙を送付するのもやむを得ないと判断されることもあり得ます。



     いずれにせよ、弁護士に苦情を申し立て、自宅に手紙を送付した理由をきき、その理由に納得できなければ、他の弁護士に相談してみると良いでしょう。

2015年04月18日 03時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不当な訴訟を起こされ時間を無駄にした場合、損害賠償請求をできますか

民事裁判 2017年07月12日

不当な訴訟(訴訟の乱用?)を起こされ、根拠のない不当な訴訟であることを証明する反論を行い、裁判所から原告の請求が却下された場合、被告はこの訴えによる反論を行うために時間と費用を無駄にし、精神的な負担を強いられた事になりますが、これに対...

敷地内通行の問題。和解の有効性は?

民事裁判 2017年07月10日

私の住宅の隣のお宅(A氏邸)は袋地のため、私の敷地、又は、隣家(B氏邸)の敷地を通らないと公道から出入りすることができません。 数年前、Aが私の敷地内を通行させろ・・との裁判を起こし、審理をすすめていった末、最終的に私の敷地の一定位置...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

民事裁判に強い弁護士

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約ください。

刑事事件を主に取り扱っています。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

ページ
トップへ