刑事で正当防衛が成立すれば、民事の賠償責任もない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年12月26日 02時41分

 刑事裁判で正当防衛が認められて罰せられなかった場合、民事の民法709条の不法行為に基づく損害賠償責任は、どうなるのですか?正当防衛が認められたということは、不法行為ではないということだから、民事の責任もなくなるのですか?



(20代:男性)

匿名弁護士

 ケースによっては、刑事上の責任を負わなくても、民事上の責任を負う場合がありえます。



 刑法上の正当防衛36条1項)と民法上の正当防衛720条1項)は、それぞれ異なる観点から規定されており、成立要件も異なるので、刑事責任は負わなくても、民事責任は負うという場合もあり得ます。



 刑法において正当防衛が成立するには、急迫不正の侵害に対する防衛行為であることが求められます。これに対して、民法における正当防衛は、防衛行為がどの方向を向いているのかはまったく問題とされていません。その点で、民法の方が、刑法よりも、正当防衛が認められる範囲が広いといえます。

 そのため、一般論としては、刑事で正当防衛が認められれば、民事でも正当防衛が認められやすい、つまり不法行為による損害賠償責任を負わない場合が多いとはいえるでしょう。

 ただ、双方の裁判はまったく異なる手続きで行われますし、裁判官も異なることから、刑事での正当防衛の認定のされ方次第や、新しい証拠や事情の有無などによっては、刑事上の責任は負わなくても、民事上の責任を負う場合というのも十分考えられます。

 また、刑事上の認定が正当防衛ではなく、防衛の程度を超えた手段がとられたとして、過剰防衛刑法36条2項)が認定された場合は、民事上の不法行為責任を負う可能性が高まるでしょう。

2014年12月26日 02時41分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する