刑事で正当防衛が成立すれば、民事の賠償責任もない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年12月26日 02時41分

 刑事裁判で正当防衛が認められて罰せられなかった場合、民事の民法709条の不法行為に基づく損害賠償責任は、どうなるのですか?正当防衛が認められたということは、不法行為ではないということだから、民事の責任もなくなるのですか?



(20代:男性)

匿名弁護士

     ケースによっては、刑事上の責任を負わなくても、民事上の責任を負う場合がありえます。



     刑法上の正当防衛36条1項)と民法上の正当防衛720条1項)は、それぞれ異なる観点から規定されており、成立要件も異なるので、刑事責任は負わなくても、民事責任は負うという場合もあり得ます。



     刑法において正当防衛が成立するには、急迫不正の侵害に対する防衛行為であることが求められます。これに対して、民法における正当防衛は、防衛行為がどの方向を向いているのかはまったく問題とされていません。その点で、民法の方が、刑法よりも、正当防衛が認められる範囲が広いといえます。

     そのため、一般論としては、刑事で正当防衛が認められれば、民事でも正当防衛が認められやすい、つまり不法行為による損害賠償責任を負わない場合が多いとはいえるでしょう。

     ただ、双方の裁判はまったく異なる手続きで行われますし、裁判官も異なることから、刑事での正当防衛の認定のされ方次第や、新しい証拠や事情の有無などによっては、刑事上の責任は負わなくても、民事上の責任を負う場合というのも十分考えられます。

     また、刑事上の認定が正当防衛ではなく、防衛の程度を超えた手段がとられたとして、過剰防衛刑法36条2項)が認定された場合は、民事上の不法行為責任を負う可能性が高まるでしょう。

2014年12月26日 02時41分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

確定判決後の債権を譲渡した場合どうなりますか?

民事裁判 2017年07月25日

例えば、A金融が債務者Bに対する欠席裁判で確定判決を受けたとします。 その後、A金融が債権をC回収会社に譲渡した場合C回収会社は債務者Bに対し確定判決を基に強制執行することができないと思います。 強制執行をするためには、C回収会社が原...

不当な訴訟を起こされ時間を無駄にした場合、損害賠償請求をできますか

民事裁判 2017年07月12日

不当な訴訟(訴訟の乱用?)を起こされ、根拠のない不当な訴訟であることを証明する反論を行い、裁判所から原告の請求が却下された場合、被告はこの訴えによる反論を行うために時間と費用を無駄にし、精神的な負担を強いられた事になりますが、これに対...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

民事裁判に強い弁護士

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

ページ
トップへ