刑事で正当防衛が成立すれば、民事の賠償責任もない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年12月26日 02時41分

 刑事裁判で正当防衛が認められて罰せられなかった場合、民事の民法709条の不法行為に基づく損害賠償責任は、どうなるのですか?正当防衛が認められたということは、不法行為ではないということだから、民事の責任もなくなるのですか?



(20代:男性)

匿名弁護士

 ケースによっては、刑事上の責任を負わなくても、民事上の責任を負う場合がありえます。



 刑法上の正当防衛36条1項)と民法上の正当防衛720条1項)は、それぞれ異なる観点から規定されており、成立要件も異なるので、刑事責任は負わなくても、民事責任は負うという場合もあり得ます。



 刑法において正当防衛が成立するには、急迫不正の侵害に対する防衛行為であることが求められます。これに対して、民法における正当防衛は、防衛行為がどの方向を向いているのかはまったく問題とされていません。その点で、民法の方が、刑法よりも、正当防衛が認められる範囲が広いといえます。

 そのため、一般論としては、刑事で正当防衛が認められれば、民事でも正当防衛が認められやすい、つまり不法行為による損害賠償責任を負わない場合が多いとはいえるでしょう。

 ただ、双方の裁判はまったく異なる手続きで行われますし、裁判官も異なることから、刑事での正当防衛の認定のされ方次第や、新しい証拠や事情の有無などによっては、刑事上の責任は負わなくても、民事上の責任を負う場合というのも十分考えられます。

 また、刑事上の認定が正当防衛ではなく、防衛の程度を超えた手段がとられたとして、過剰防衛刑法36条2項)が認定された場合は、民事上の不法行為責任を負う可能性が高まるでしょう。

2014年12月26日 02時41分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

行為要求だけで提訴の問題点

民事裁判 2017年12月03日

1)慰謝料は要求せずに悪臭排煙の除去設備の設置と言う行為要求だけで提訴できるか。 2)この場合訴額は算定不能で160万になりますか。 3)慰謝料要求も付けたら訴額はそれの分「だけ」を書いて良いか。

民事訴訟: 訴状に添付する別紙

民事裁判 2017年11月28日

民事訴訟で損害賠償請求を検討中です。 訴状を作成するにあたり、医療費の内訳(各医療機関名や支払い額)や通院費(経路、交通機関、運賃)について、詳細を別紙で一覧にして記載したいと思っています。 その別紙については訴状に含むわけですが、「...

民事裁判場所について

民事裁判 2017年11月18日

民事訴訟の裁判場所についてです。 債権者住所が東京、債務者住所は九州です。 これから訴訟提起しますが、この場合裁判場所はどこになりますか? 九州での裁判になった場合、交通費がかなりかかりますが、 勝訴した際には、裁判にかかった費用を債...

訴訟費用に測定費用を含むか

民事裁判 2017年11月08日

悪臭被害の損賠訴訟で 市の委託での臭気指数測定はかなり強風時に行われたせいで規制血を1。0下回ったので 再度自分で測定を無風時に委託して行なった場合、 その料金は訴訟費用に含まれて取り返せるか。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事裁判に強い弁護士

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

【土日祝日・夜間相談可】【メール相談可】お話をよく伺い、最善の方針をご提案します

【初回相談無料】40年にわたり、120社以上の中小企業再建に取り組んできた法律事務所。事務所一丸となって企業の...

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談1時間無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約...

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ページ
トップへ