証拠偽造は罪に問われないのでしょうか?

User image 1 Cara1228さん 2016年10月31日 14時31分

民事で裁判をしています。

相手方が全てにおいて偽証し、証拠も明らかに偽造しています。

自らの直筆の書類は、身に覚えが無く、私が相手の字を真似て偽造したと白を切るばかりか、第三者が書いた書類を私が書いた書類として証拠として提出しています。

もちろん、そのことを指摘していますが、裁判所から筆跡鑑定等の命令も出ていません。

裁判所からの命令が無くてこちらから筆跡鑑定を依頼した場合は費用等をこちらが負担することになるのですしょうか?
でも、その筆跡が相手のものだと立証できれば、嘘をついて認めなかったために筆跡鑑定をしたのだから、費用は請求できるのでしょうか?

正義が勝つと信じて裁判を受けました。
一方的に相手方が悪いので、こちらが起こさなければ裁判沙汰になることはないと高を括っていたところ、相手方は、裁判に臨むためにありとあらゆる偽の証拠を準備していました。

いきなり、口座を仮差押えられ、正に奇襲攻撃をくらいました。

民事の裁判は、真実なんか全く関係なく、勝つためには何でもありということを初めて知ることとなりました。
まだ判決には至っておりませんが、勝つためには相手の言う事は全て認めず、証拠は偽造したもの勝ちという印象です。
日本の司法制度に疑問を感じました。

私は嘘を言っていないのに、このままでは、相手側の弁護士のほうが明らかにやり手弁護士で、正しい証言をしている私が負けてしまいそうな勢いです。

よく、私文書偽造という言葉を耳にしますが、サインや印鑑の捺印が無い場合は適応外との文献を目にしました。

民事裁判で、証拠を偽造したことに対して罰する法律はないのでしょうか?

その卑怯極まりない行為に対して赦しがたいので、出来れば、前科がつくことを臨んで刑事罰なら尚更報われます。

どなたか、お力をお貸し下さい。

鑑定費用は、最終的には、敗訴者が負担する。
証拠の偽造などは、刑事事件として処理する。
民事では、別途、慰謝料請求も可能になるだろう。

2016年11月28日 09時57分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する