土地代未払いによる訴訟

User image 1 咲さんさん 2017年01月21日 04時13分

先日、特別送達が配達され中を確認してみると、初めて聞くような名前の方が土地代を滞納しており、その土地に建ててある建物と土地を明け渡せとの訴状でした。
しかし、その原告も滞納していた方も全く付き合いがなく会ったこともないのに、被告の一人として訴えられています。
一緒に郵送されてきた謄本で確認したら、滞納者は私の母(死亡しています)の義理の兄弟と解りました。ですが、その母は幼い時に養女に出されており、それ以来交流もなくこのことがあるまで、そんな人がいるということは知りませんでした。
そんな方の滞納した代金を私たち家族が支払わないといけないんでしょうか?そもそも、被告扱いをされることに寝耳に水状態で大変憤慨しております。
なにか良い解決方法は無いんでしょうか?

ご指摘の事情に照らすと、所有者から土地明け渡し訴訟を提起されたようですが、原告の訴状に、ご相談者様を被告とする理由が記載されているはずです。
そのため、訴状記載の原告主張を検討した上で、こちらの反論を検討する必要があります。

当該訴訟の第1回口頭弁論期日までに答弁書を提出して反論を行なわないと、原告主張を争わないものとして敗訴判決が出されてしまいます。

具体的な内容を検討する必要がありますので、一度弁護士に直接相談いただいた方がよいでしょう。

2017年01月21日 10時43分

法定相続として、請求されているのでしょうか。

義理の兄弟が借主であり、死亡したということでしょうか。
そうであれば、債務を知ったときから、3カ月以内に、亡くなった方の住所地の家庭裁判所に、相続放棄の手続きをしてください。その手続きが完了したことの書類を裁判所に提出すれば、代金を支払う必要がありません。
不安であったら、至急弁護士と相談してください、

2017年01月21日 12時11分

借地権のようですね。

借地権が相続されたようです。

あなたの立ち位置がわかりませんが、重要な書類のようです。

被告と言うのは便宜上、原告、被告というので気にしないで下さい。

被告人ではありませんから。

弁護士と相談されrたほうがいいですね。

2017年01月21日 13時46分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する