関係をもった女を控訴し勝ったのですが

User image 1 たまきさん 2017年02月02日 05時39分

旦那が出会い喫茶で出会った女とお金の関係で三回も関係をもちました。
しかもそれが知り合いの女でして両方出会ってから知ったにもかかわらず関係をもちました。
そこで離婚をせずに旦那に反省させその女は反省もなっかたので訴えました。
その結果勝訴しまして慰謝料、金100万の支払いになったのですが弁護士いわく払う気がないらしく後は自分でやってみたいに言われました。
この場合どうしたらいいですか?
相手に一通なに書いて送ったほうがいいですか?
詳しく教えてください。
あの女から奪いたいのです。
ご協力お願いします。

一般論としては、相手が払わらないのであれば、相手の資産の差し押さえ等強制執行を行なうことになります。
支払う気があるのであれば、おそらく控訴審までに和解申入れを行なってきているでしょう。

相手に所有不動産がなければ、預金や、勤務先がわかっていれば給与の1/4まで差押可能です。

ただ、従前の弁護士が強制執行を行なわないとなると、相手に目ぼしい資産がない可能性があります。
まずは、資産調査専門業者等に依頼して、資産調査を行なう必要があるかもしれません。

2017年02月02日 09時14分

一般的には、強制執行といって、預貯金の差押えになると思います。
働いているのであれば、給与の差押えです。

情報を与えないと、弁護士もどこに差押えしてよいのかわかりませんので、差押えができません。

2017年02月02日 09時33分

勝訴の判決文があるのなら、強制執行を行うことですね。
ある程度面倒な手続きになるので弁護士さんに相談される方が良いでしょう。

ただし、強制執行をかけても、相手方に財産がなければ結局お金が取れない事態は起こりえます(ここが日本の裁判制度の問題点でもあります)。

判決で認められた権利の時効は10年ですから、もし10年間回収できない場合は、10年間が経過する前に裁判を起こして、もう一度判決を頂くことにより、もう10年間請求できることになります。

2017年02月02日 11時01分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する