ホテルのキャンセル料

User image 1 Van0310さん 2016年10月31日 14時31分

当日にホテルを予約してホテルに行く途中、お金を落としてしまいホテルの宿泊できない、キャンセルを伝えました。翌月同じグループのホテルに予約を入れて宿泊しに行きました。前回のキャンセル分を含めて支払いしないと宿泊させないと言われました。
事前に言われていた分けでもないので所持金もないので宿泊できずに野宿しました。
予約はじゃらんからしたので「キャンセルポリシー」としてキャンセル料を請求があるかもしれませんと書いてありましたが、必ずキャンセル料の支払い義務があるとは書いてありません。先方は野宿させられた分も含めて2泊分の裁判をすると連絡がありました。
先方のホテルの当日の空き部屋は多く、予約による占有時間は数時間ですのでホテルに対する損害がないのでキャンセル料の支払いに同意できません。
前々から予約して、夕食や朝食の準備を無駄にしたり、部屋の準備を無駄にしたならまだキャンセル料の支払いに理解できます。朝食はバイキング、共同の大浴場、ベットメイクはセルフです。ホテルの実害なんてあるのでしょうか。先方はあなたのためにベットシーツを用意したと言いましたが、シーツの交換や部屋の掃除は毎日やるのが普通です。
裁判に対するアドバイスが欲しいです。よろしくお願いします。

実損にかかわらず、キャンセル手数料約款は有効ですが、ほんとに訴訟してくるんでしょうかね。
分割でお支払いされるようにして下さい。

2016年11月28日 09時49分

<1泊分のみの支払での和解を検討してはいかかでしょうか>

 2泊分の請求ということで、①初回のキャンセル料、②2回目の宿泊料、という趣旨かと思いますが、①については、一般に直前キャンセルはキャンセル料100%としているホテルが多く、じゃらんからの予約であれば「キャンセル料規程に同意します」をクリックしているはずです。
 なお、消費者契約法9条1号では、事業者の平均的損害を超える解約違約金について、平均的損害を超過する部分は無効であると定めています。同規定による無効主張も考えられなくはないですが、無制限に適用を認めるとモラルハザードにもつながりかねず、直前キャンセルの場合までキャンセル料規定を無効とするのは難しいのではないかと思います。

 これに対し、②については、こちらからキャンセルしたわけではなく、ホテル側が直前に宿泊拒否したわけですので、キャンセル規定の適用はないと解する余地があります。ご指摘の通り、宿泊拒否するのであれば予約段階でその旨回答するべきでしょう。
 
 以上踏まえ、一応は上記主張を行なった上で、最終的には1泊分の支払で和解するというのが落としどころではないかと思います。

2016年12月03日 00時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

取引先業者が弊社の請求の支払いに応じてくれません。どうしたらよいですか?アドバイス頂けたらと思います。

民事裁判 2019年03月04日

取り引き先の社員が普通に注文してきてその中の材料を何点か自分の知り合いの下請け業者に 渡して工事をさせて 集金したお金は会社に入れずに横領したようです。 材料代は会社の請求にしていたためその社員は材料代も払わず工事代金をごっそり着服。...

民事で訴額を超える判決

民事裁判 2019年02月13日

掲示県では休憩を超える景気の判決がたまに出ます。 民事で訴額を超える判決が出ることの有無を。

代理人は相手からの書面を依頼人に見せ(送り)ますか。

民事裁判 2019年02月12日

代理人は相手からの書面を依頼人に見せ(送り)ますか。

準備書面で判事に対する要望は

民事裁判 2019年02月07日

準備書面には相手に対する主張のほかに 判事に対する要望を書いても構いませんか。

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ