ホテルのキャンセル料

User image 1 Van0310さん 2016年10月31日 14時31分

当日にホテルを予約してホテルに行く途中、お金を落としてしまいホテルの宿泊できない、キャンセルを伝えました。翌月同じグループのホテルに予約を入れて宿泊しに行きました。前回のキャンセル分を含めて支払いしないと宿泊させないと言われました。
事前に言われていた分けでもないので所持金もないので宿泊できずに野宿しました。
予約はじゃらんからしたので「キャンセルポリシー」としてキャンセル料を請求があるかもしれませんと書いてありましたが、必ずキャンセル料の支払い義務があるとは書いてありません。先方は野宿させられた分も含めて2泊分の裁判をすると連絡がありました。
先方のホテルの当日の空き部屋は多く、予約による占有時間は数時間ですのでホテルに対する損害がないのでキャンセル料の支払いに同意できません。
前々から予約して、夕食や朝食の準備を無駄にしたり、部屋の準備を無駄にしたならまだキャンセル料の支払いに理解できます。朝食はバイキング、共同の大浴場、ベットメイクはセルフです。ホテルの実害なんてあるのでしょうか。先方はあなたのためにベットシーツを用意したと言いましたが、シーツの交換や部屋の掃除は毎日やるのが普通です。
裁判に対するアドバイスが欲しいです。よろしくお願いします。

実損にかかわらず、キャンセル手数料約款は有効ですが、ほんとに訴訟してくるんでしょうかね。
分割でお支払いされるようにして下さい。

2016年11月28日 09時49分

<1泊分のみの支払での和解を検討してはいかかでしょうか>

 2泊分の請求ということで、①初回のキャンセル料、②2回目の宿泊料、という趣旨かと思いますが、①については、一般に直前キャンセルはキャンセル料100%としているホテルが多く、じゃらんからの予約であれば「キャンセル料規程に同意します」をクリックしているはずです。
 なお、消費者契約法9条1号では、事業者の平均的損害を超える解約違約金について、平均的損害を超過する部分は無効であると定めています。同規定による無効主張も考えられなくはないですが、無制限に適用を認めるとモラルハザードにもつながりかねず、直前キャンセルの場合までキャンセル料規定を無効とするのは難しいのではないかと思います。

 これに対し、②については、こちらからキャンセルしたわけではなく、ホテル側が直前に宿泊拒否したわけですので、キャンセル規定の適用はないと解する余地があります。ご指摘の通り、宿泊拒否するのであれば予約段階でその旨回答するべきでしょう。
 
 以上踏まえ、一応は上記主張を行なった上で、最終的には1泊分の支払で和解するというのが落としどころではないかと思います。

2016年12月03日 00時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する