ホテルのキャンセル料

User image 1 Van0310さん 2016年10月31日 14時31分

当日にホテルを予約してホテルに行く途中、お金を落としてしまいホテルの宿泊できない、キャンセルを伝えました。翌月同じグループのホテルに予約を入れて宿泊しに行きました。前回のキャンセル分を含めて支払いしないと宿泊させないと言われました。
事前に言われていた分けでもないので所持金もないので宿泊できずに野宿しました。
予約はじゃらんからしたので「キャンセルポリシー」としてキャンセル料を請求があるかもしれませんと書いてありましたが、必ずキャンセル料の支払い義務があるとは書いてありません。先方は野宿させられた分も含めて2泊分の裁判をすると連絡がありました。
先方のホテルの当日の空き部屋は多く、予約による占有時間は数時間ですのでホテルに対する損害がないのでキャンセル料の支払いに同意できません。
前々から予約して、夕食や朝食の準備を無駄にしたり、部屋の準備を無駄にしたならまだキャンセル料の支払いに理解できます。朝食はバイキング、共同の大浴場、ベットメイクはセルフです。ホテルの実害なんてあるのでしょうか。先方はあなたのためにベットシーツを用意したと言いましたが、シーツの交換や部屋の掃除は毎日やるのが普通です。
裁判に対するアドバイスが欲しいです。よろしくお願いします。

    実損にかかわらず、キャンセル手数料約款は有効ですが、ほんとに訴訟してくるんでしょうかね。
    分割でお支払いされるようにして下さい。

2016年11月28日 09時49分

    <1泊分のみの支払での和解を検討してはいかかでしょうか>

     2泊分の請求ということで、①初回のキャンセル料、②2回目の宿泊料、という趣旨かと思いますが、①については、一般に直前キャンセルはキャンセル料100%としているホテルが多く、じゃらんからの予約であれば「キャンセル料規程に同意します」をクリックしているはずです。
     なお、消費者契約法9条1号では、事業者の平均的損害を超える解約違約金について、平均的損害を超過する部分は無効であると定めています。同規定による無効主張も考えられなくはないですが、無制限に適用を認めるとモラルハザードにもつながりかねず、直前キャンセルの場合までキャンセル料規定を無効とするのは難しいのではないかと思います。

     これに対し、②については、こちらからキャンセルしたわけではなく、ホテル側が直前に宿泊拒否したわけですので、キャンセル規定の適用はないと解する余地があります。ご指摘の通り、宿泊拒否するのであれば予約段階でその旨回答するべきでしょう。
     
     以上踏まえ、一応は上記主張を行なった上で、最終的には1泊分の支払で和解するというのが落としどころではないかと思います。

2016年12月03日 00時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不当な訴訟を起こされ時間を無駄にした場合、損害賠償請求をできますか

民事裁判 2017年07月12日

不当な訴訟(訴訟の乱用?)を起こされ、根拠のない不当な訴訟であることを証明する反論を行い、裁判所から原告の請求が却下された場合、被告はこの訴えによる反論を行うために時間と費用を無駄にし、精神的な負担を強いられた事になりますが、これに対...

敷地内通行の問題。和解の有効性は?

民事裁判 2017年07月10日

私の住宅の隣のお宅(A氏邸)は袋地のため、私の敷地、又は、隣家(B氏邸)の敷地を通らないと公道から出入りすることができません。 数年前、Aが私の敷地内を通行させろ・・との裁判を起こし、審理をすすめていった末、最終的に私の敷地の一定位置...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

民事裁判に強い弁護士

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

ページ
トップへ