勤務先の住所の管轄裁判所に提訴できるか

User image 1 caulerpaさん 2017年02月26日 06時57分

市外に通勤して居る場合、出廷がしやすいように
勤務先の住所の管轄裁判所に提訴できるか。

 相手方の住所地、義務履行地、不法行為地が管轄であり、これ以外の場所で訴訟をするときには、相手方の同意が必要です。訴える裁判所は、基本は相手方の住所地です。
 勤務先の住所地の裁判所で、裁判を起こすことは、上記の要件が必要ですので、難しいと思われます。
 

2017年02月27日 10時17分
補足質問
User image 1

caulerpa - 2017年02月27日 18時16分

それを承知で提訴して
移送されたら
出廷にかかった交通費を後で訴訟費用として取れますか。
補足回答
Resized avatar mini magick20170122 12943 xtevnp

近藤 公人 弁護士 - 2017年03月24日 13時05分

勝てば取れますが、実際訴訟費用まで請求している例は、少ないです。

裁判所の管轄は、民事訴訟法で法定されていますので、当事者の合意がなければ法定外の裁判所に提訴することは難しいでしょう。

確かに応訴管轄(民訴法12条)の規定もあるのですが、ある弁護士さんが管轄違いの裁判所に提訴しようとすると、管轄の合意があるのか、その証明はあるのかと裁判所から問い合わせが来た、との話を伝聞ですが聞いたこともあり、単に応訴管轄の可能性があるというだけではだめなようです。

相手にとってもあなたの勤務先を管轄する裁判所が都合がよい場合は、管轄を合意する旨の書面をお願いしてみたらいかがでしょうか。

2017年02月27日 18時47分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する