隣家の子供がボール遊びをしていて自宅の給湯器に当ててへこませた

User image 1 ぴぃこさん 2017年05月19日 04時44分

隣家の子供がボール遊びをしていて自宅の給湯器に当ててへこませた場合その両親から賠償請求出来ますか?尚近所の住人がボールを当てているところを目撃しています。

お子さんが何歳ぐらいかという点と、事故現場の状況にもよります。

概ねお子さんが小学生以下の場合、親による監督責任を追及する余地はあります(民法714条1項本文)。

ただし、11歳の子供が小学校の校庭でサッカーゴールに向けてフリーキックの練習を行なっていた際、ボールが校庭のフェンスを越えて道路上の通行人に当たって怪我をさせた事案において、親の監督義務違反を否定した判例があります(最高裁平成28年4月9日判決)。

隣家の庭に、特に防御フェンス等がないか塀が低くボールが飛び越えていく危険性が高い場合には、上記判例が当てはまらないとする余地はありますが、具体的な状況にもよります。

2017年05月19日 09時27分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

施工例の他社無断掲載について

民事裁判 2017年09月14日

昨年、下請として使ったリフォーム会社が、施主様にも私にも(元請け会社社長)無断で現場の写真を撮り、あたかも自社施工の如く複数のサイト(自社HPとほか2つ)に掲載しております。施主様は無論、大激怒で私との信頼関係にもかなりのダメージがあ...

民事裁判勝訴後における強制排除の自力執行は可能?

民事裁判 2017年09月08日

自力執行力がある国や地方公共団体による一部の行政行為を除き、日本では自力救済が禁止されています。民事裁判に勝訴した後であっても、私人が勝訴判決に基いて自身の手で強制排除を行うことは不可能なのでしょうか?

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

民事裁判に強い弁護士

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

【初回相談無料】裁判官出身の弁護士が,ご依頼者様のため,全力で弁護させていただきます。

ページ
トップへ