仲介業者の許可を得て駐車していたバイクに対する大家からの損害賠償請求

User image 1 かずさん 2017年06月27日 23時42分

契約時にバイク駐車について何も言われてなかったので、気にせず駐車していたところ、賃貸契約期間中に一度仲介業者から、
「駐車は許可しておらず、契約上も許可なく駐車する事は認めていない。現在の駐車している場所は邪魔になるので、物件南側共有部分へとりあえず移動してほしい」
と聞きました。
なので、その際に引き続き駐車できないかと相談し、結果的に「バイクを停めてよい」といった返事を頂き、さらに後日には「更新後からはバイク駐車代として月4000円ほど頂くことになります」とも聞いていましたし、それ以降、バイク駐車についての苦情・料金請求・移動勧告は一切ありませんでしたので当然、更新前までは無料・更新後からは有料でのバイク駐車許可を得たと思っていました。
しかし、本物件を更新前に退去し、3ヶ月ほど経過した今になって、大家の代理人かつ息子である弁護士から
「契約期間中、契約に違反し、さらに移動勧告したがそれに応じず無断でバイク駐車していた。」
として、付近相場の駐車代と契約期間から約16万円を損害賠償請求すると配達証明が送られてきました。(※契約違反とは契約書に記載されている「共有部分へ私有物を置いてはならない」といった内容を指している模様)
仲介業者にメールで確認したところ、「当時、相談を受け、その通り大家に伝え、”更新時から有料としましょう”と決まったので、その通りをあなたに伝えていたが、駐車してよいと言っていた訳ではない(2年ほど前のことなのではっきりと覚えてはいないが、”駐車してよい”とは借主に言っていないと思う)」「大家からも駐車許可を得ていた訳ではなく、バイク駐車は黙認していた」「大家からバイクについて聞かれた際には”更新時からは有料との約束ができているので”と濁していた」といったものでした。
私は(契約当初は無断ではありましたが)、無断ではなくきちんと仲介業者にバイク駐車できないかとの相談した結果、駐車していたのですが、私に賠償請求に応じる責任があるのでしょうか?(大家はなんとしてでも請求しようとしているようなのですが、、)

そのような請求に応じる必要はないというべきでしょう。

仮に、正式に駐車を許可していないとしても、①「更新時から有料としましょう」を反対解釈すれば、更新までは代金を請求する趣旨とはいえないこと、②大家の側もバイク駐車の事実は以前から認識していたと思われること、③仮に共用部分への駐車に支障があるのであれば、共用部分の駐車を発見した時点で速やかに撤去を請求すべきでしょう。

したがって、大家の側に損害は発生していないか、仮に発生していたとしても請求は権利濫用に当たるというべきでしょう。

また、上記の点をもって更新拒絶する趣旨である場合、正当事由には当たらず、更新拒絶は認められないというべきでしょう。

2017年06月27日 23時56分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する