民事裁判場所について

User image 1 lu_59dae48aさん 2017年11月18日 13時47分

民事訴訟の裁判場所についてです。
債権者住所が東京、債務者住所は九州です。
これから訴訟提起しますが、この場合裁判場所はどこになりますか?
九州での裁判になった場合、交通費がかなりかかりますが、
勝訴した際には、裁判にかかった費用を債務者に請求できますか?

民事訴訟の管轄は原則として被告の住所地です。しかし,金銭の支払いを求める訴訟の場合,義務履行地である債権者たる原告の住所地にて,訴えを提起できます。したがって,債権者の住所地である東京地裁で訴の提起ができます。

2017年11月18日 16時46分

金銭債権であって、支払場所について契約上特に定めがなければ、義務履行地である債権者住所を管轄する東京の裁判所(ご住所が23区内か否か、訴額が140万円以下かにより細かくは分かれます)に提訴することは可能です。

ただし、証人尋問・本人尋問の必要性等により、被告が九州の裁判所に移送を求める可能性があり、移送を認めるか否かは裁判所の判断となります。

裁判の交通費については、契約上特約のない限り、相手方に請求することは困難です。
逆に言えば、移送申立てがなされた場合に、こちらの交通費の点を東京地裁で実施する理由として主張する縫合が考えられます。
なお、仮に九州に移送された場合でも、証人尋問・本人尋問以外の弁論準備(主張整理)期日については、「電話会議」の方法により、九州の裁判所まで行かないで実施することも可能ですので、裁判所に要請する必要があるでしょう。

2017年11月19日 14時27分
お礼メッセージ

詳細なアドバイス有難うございます。
とても参考になりました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求権の時効および慰謝料との適用事件の違いは

民事裁判 2021年05月27日

不法行為に基づく損害賠償請求権は、 次のいずれかに該当するとき時効によって消滅するとのことですが 1)被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないとき。 2)不法行為の時から20年間行使しないとき。 2)は1...

行為要求での訴額を法定の140万から10万にできる技は有るか

民事裁判 2021年05月17日

行為の要求の提訴での訴額は算定不能として140万?に決めてあるようです。 訴額を金銭要求での最低印紙代に準じる10万で提訴できるようにする 必殺技は有りますか。

相手被告の代理弁護士の行動予想

民事裁判 2021年05月05日

損賠訴訟の原告です。 被告敗訴の場合は代理人弁護士は 判決後一カ月以内に振込口座の問い合わせをして来ますか。 それが無い場合は原告敗訴の可能性が高いのですか。 弁護士のやり方の傾向をお尋ねします。 何でこんな質問をするかと言うと 電話...

名誉毀損について

民事裁判 2021年04月17日

以前にも質問したトラブルが長引いています。 郵便ポスト施工時のリフォームトラブルですが、施工不良の修補をするまでポスト本体代金の支払いをしていません。(弁護士の先生からのアドバイス) ポストを修補して追完工事が終わったら支払うと先方業...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する