一部取り下げ請求の減縮と請求額の拡張を、同時(日付が同じ)に、一緒の訴えの変更申し立て、できるか。

User image 1 kkk528さん 2018年05月16日 11時44分

一部取り下げ請求の減縮と請求額の拡張を、同時(日付が同じ)に一緒の訴えの変更申し立て書で行うことができないのでしょうか。
一度に提出してしまいたいので、次のようなことはできますか、教えて下さい。
質問1、同時に提出したいので、一部取り下げ(A項目の損害額)と請求額の拡張(B項目の損害額)、を一緒の訴えの変更申し立て書で行うことができないのでしょうか。
質問2、一緒の用紙に、訴えの変更申し立ての一部取り下げ(早い日付)上でと、訴えの変更申し立て請求額の拡張(遅い日付)を下で行うことができないのでしょうか。
追加質問3、一部取り下げに被告の同意がされない場合は、従前の請求額のまま進行し、A項目の損害一部取り下げ額とB項目の損害拡張額の差のため、申し立て手数料の最高訴額を超えてしまいますが、印紙の追納が必要になりますか。

1.原則としては請求の拡張と訴えの一部取下げは別個の申立てとなります。
 例外が認められるか否かにつき、そもそも具体的にどのような主張の変更か否か分かりかねますが、請求の趣旨を2つ以上変更するという事であれば、ご担当の裁判所書記官にご確認頂くのが一番確実でしょう。

2.そもそも、金銭請求いつ申立を行なったか、あるいはいつ取下げしたかは、時効中断の関係等を踏まえると重要事項であり、裁判所の受理日時にも関わるため、原則としては別個の書面として行なう必要があるでしょう。
 例外の可否については、やはりご担当の裁判所書記官にご確認頂くのが一番確実でしょう。

3、印紙の追納が必要となる可能性が非常に高いでしょう。

2018年05月16日 22時45分
お礼メッセージ

感謝申し上げます。他のサイトで、誰も答えない質問にお答えいただき、ありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

「*ことから被告の不誠実さがわかる」 という表現を使ってよいか

民事裁判 2018年08月14日

訴状や準備書面で 「*ことから被告の不誠実さがわかる」 という表現を使ってよいか。 感情的や判断に類することを書くなとの注意を見ましたので。

2回目開廷の前日までに被告がそれを送って来ぬ場合の原告側の準備書面は

民事裁判 2018年07月31日

原告です。準備書面(1)を送りましたが 2回目開廷の前日までに被告がそれを送って来ぬ場合の問題です。 その日までに用意してあった(つまり被告のそれと無関係に新しい角度の主張を思いついたので)原告側の準備書面(2)を2回目の法廷に持って...

債務名義上の債務者住所が違う場合の執行申立書の書き方と、詐害行為取消権の行使方法について教えてください。

民事裁判 2018年07月22日

貸金返還請求事件にて、債務名義を取得した債権者です。 現在、債権執行準備段階ですが、債務者が訴訟中に離婚している事実が分かり、債務名義に記載の債務者住所が、 現住所と違っています。姓は変わっていません。 質問ですが、 1 執行にあたり...

偽造されたかもしれない金銭消費貸借契約書、あるいは原本をコピーしたような金銭消費貸借契約書の、裁判での証拠能力について

民事裁判 2018年07月15日

まず、Aさんという人が、以下のような書面を持っています。 ----- 原本をコピー機でコピーしたような体裁の、題が「金銭消費貸借契約書」となっている書面。 借主欄には私の手書きの氏名と私の実印の印影(コピーですのでインク色=黒っぽい)...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ