民法

User image 1 lu_ab93b8b7さん 2018年07月08日 20時40分

セールスマンが無理やり家に押しかけて、なかなか帰らなかったので、帰らすために、しぶしぶ契約した。この契約は有効か?

貴殿が個人として契約したものか、セールスマンに対して退去を求めたか否かによります。

貴殿が個人の消費者であり、一旦退去を求めたにもかかわらずなお居座った場合には、消費者契約法4条3項1号により取消できる可能性があります。
上記に当たらない場合は、公序良俗違反や錯誤無効等、民法の規定による無効事由に該当する事情があるか否かによります。

2018年07月08日 21時00分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

天災賠償請求

民事裁判 2018年09月06日

台風で木製壁が崩壊して隣の駐車してあった車がキズが付き賠償請求されました。弁護士に相談され全額支払いされなければ、裁判を起こします。 証拠として写真と私達のやりとりの録音音声を始め揃っていて勝てる自信があると。 何か脅されているみたい...

代理人になった弁護士の責任はいつまでですか。

民事裁判 2018年08月25日

判決言い渡し日の前日までですか。 原告ですが、被告代理人と交渉できる限界日を知りたし。

二回目開廷時に和解を言わずに判決の日を言われた

民事裁判 2018年08月25日

二回目開廷時に和解を言わずに判決の日を言われたが 棄却される恐れ大か

原告が準備書面で「被告代理人は*」として非難する表現を書くことについてご意見を

民事裁判 2018年08月22日

たとえば、事件発生から1年半経てから提訴したことを攻撃することに執着して 答弁書と準備書面とで何度も指摘して「故に債務不履行での損賠請求権は無い」と主張するので 前記の「被告代理人は*を攻撃することに執着して」と書くことです。

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

Go To Top Html