債権差押命令

User image 1 あきさん 2017年03月18日 12時53分

夫が 債権差押命令を受けています。

債権差押命令のうち 差押債権目録に記載できるものは 生命保険では 債務者(夫)名義の 保険契約のみでしょうか?

保険契約者は 妻で 被保険者が 夫であれば 夫の財産として 差押は されないのでしょうか?
教えてください。

債権差押の申立てにあたり、「債務名義」といって、裁判所の判決や和解調書、当事者間の公正証書等、公的機関によって債権の存在が認めれる必要がありますが、「債務名義」の対象がご主人であれば、差押可能なのはご主人の財産となります。

本件の場合、ご主人の保険契約については、解約返戻金は対象となり、保険金については受取人がご主人か否か、具体的な保険金請求権が発生しているか否かによります。

これに対し、奥様の保険契約のうち、保険金の受取人がご主人であり、具体的な保険金受取請求権が発生している場合には、保険金受取請求権は差押対象となりえます。
一方、保険の解約返戻金請求権はあくまで契約者である奥様の権利であり、差押対象になりません。

なお、仮に最近ご主人から奥様への名義変更を行なった資産がある場合には、資産隠しとして債権者から詐害行為取消権を行使される可能性があります(民法424条1項)。
ただこの場合、債権者が別途ご主人と奥様両名に対し詐害行為取消訴訟を提起し、債務名義を取得する必要があります。

2017年03月18日 13時06分

詳しい説明 ありがとうございました。
私の財産は 守られるということなので 安心しました。

>保険契約者は 妻で 被保険者が 夫であれば 夫の財産として 差押は されないのでしょうか?

差押えは不可能です。
保険が誰の財産になるのかは、契約名義によって判断します。
被保険者は、誰に事故があったかという保険給付の判断基準となるだけです。

2017年03月18日 13時27分

丁寧な 回答 ありがとうございます。
今回のことで 保険が 財産なんだと 初めて知りました。
契約者の財産である事 考えて 今後は 契約したいと思います。

たとえ夫婦であっても、各自の財産は、各自のもので、別々の取り扱いとなります。

保険契約者が妻であれば、妻の財産です。

夫に対する債権差押えは、あくまで夫の財産を対象とするものですから、妻が契約者である保険は差押えの対象にはなりません。

2017年03月18日 17時26分

わかりやすく 教えて頂いて ありがとうございます。
参考にさせて頂いて 対応法を考えたいと思います。

保険契約者が妻名義なら差し押さえはできないですね。
債権者は解約返戻金を差し押さえるわけですね。
そして、解約をすることができます。
解約して生保に対し取り立てるわけですね。
そして、債権に充当します。
妻名義の保険については、当然、そんなことが
できるわけがないですね。

2017年03月21日 12時37分

ありがとうございます。
安心しました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

調停に出席しなくて良いものでしょうか?

民事調停 2017年08月30日

調停を申し立て、先日第一回期日に出廷してきました。 内容は、慰謝料請求です。 相手方も一度は払うと”メールで回答”(今でもメールは残っています)していただいたのですが、 その後連絡が取れなくなってしまいました。 なので、調停を申し立て...

貸していた土地の立ち退きをおねがいし、双方で誓約書を交わしたのに、裁判所から通達が来ました

民事調停 2017年08月02日

当方、いとこに土地をかしていました。資材置き場に使用。 いとこだったので契約書は交わしていません。 月一万円。振り込み(延滞あり) 口約束でしばらく使わないからという事で貸したのですが急遽、家を建てることになりました。 相手にすぐにそ...

意義申し立て書を郵送した際の郵送費用は先方に請求できるのでしょうか?

民事調停 2017年07月26日

先日、簡易裁判所から支払い督促が届きまして 督促異議申し立てを行いましたところ しばらくして裁判所から訴えの取り下げ書が届きました。 意義申し立て書を郵送した際の郵送費用は先方に請求できるのでしょうか?

家賃増額調停の調停案が裁判所で聞いてたのと違うんですけど・・・

民事調停 2017年04月05日

家賃増額調停中です 1年以上前に家賃の更新にあたり現家賃の1,5倍の要求をされて拒否したら一方的に解約通知が送りつけられ、家賃の受け取りを拒否されたので今、家賃を供託してます。その後、東京地裁から物件明け渡し訴訟を起こされ裁判で争って...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

民事調停に強い弁護士

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

【初回相談無料】【弁護士16年目】【英語対応可】できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手...

お一人で悩まず、まずはご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お話をよく伺い、最善の方針をご提案します

ページ
トップへ