弁護士コラム

裁判・法的手続

Section banner judgment
関口裁判官弾劾裁判 裁判・法的手続 2021年08月25日

仙台高等裁判所の岡口裁判官が弾劾裁判にかけられるというニュースが話題になっています。 岡口裁判官はSNSで女子高生が殺害された事件の刑事裁判の判決文を紹介してコメントをしたり,犬を取り戻す裁判などでもコメントをしています。 今回の弾劾裁判は,殺害された女子高生の遺族が弾劾裁判を行うように国会の訴追委員会に請求したことがきっかけになっています。 そもそも...

大量FAX送付事件 裁判・法的手続 2021年06月30日

しばらく前のことですが。 期日の前日に相手方に代理人がついて、今晩書面をFAXしますという連絡がありました。 それは仕方ないことだし、そこまではいい。 そこまではいいのだ。 しかし、夜7時に届いたFAXは合計約150枚?! しかも、写真なども混じってて、何が書いてあるのか全く訳がわからないページも多数。 というか、直前にこんな大量に送りつけられても全部...

大量FAX送付事件 裁判・法的手続 2021年06月30日

少し前のことですが。 期日の前日に相手方に代理人がついて、今晩書面をFAXしますという連絡が。 それは仕方がないことなので、そこまではいい。そこまではいいのだ。 しかし、夜に届いたFAXは合計約150枚?! しかも、写真も混じってて、何が売ってるのか全く訳がわからないページも。 というか、直前にこんな大量に送りつけられても全部読めへんし! IT化が遅れ...

覆面レスラー議員 裁判・法的手続 2021年05月21日

4月,大分市の覆面レスラー議員が市議会のサイトなどに顔写真が載せられないのは人権侵害だということで,大分地裁に仮処分を申し立てるというニュースがありました。 市議会議員の名前は「スカルリーパー・エイジ」さんといいます。 エイジ氏は覆面プロレスラーで,大分市議選には2013年2月に初当選して,その後当選を重ねて現在は3期目です。 ところで,エイジ氏は市議...

時短命令に提訴 裁判・法的手続 2021年04月28日

先月(3月),飲食店を経営する会社が東京都の時短命令は違法であるとして,損害賠償を求めて提訴したというニュースがありました。 まず,東京都の出した時短命令について説明します。 新型コロナウイルス対策の特別措置法(正式名称:新型インフルエンザ等対策特別措置法)が今年の2月に改正されました。 それまでの法律では,緊急事態宣言の状況下において,時短営業等の「...

アメリカ前大統領の弾劾裁判 裁判・法的手続 2021年02月02日

アメリカ前大統領であるトランプ氏の2回目の弾劾裁判が話題になっています。 トランプ氏は今回の弾劾裁判が2回目になります。 1回目は,大統領選挙に関連してウクライナの大統領に圧力を掛けたという容疑で訴追されましたが,昨年2月に無罪の評決が出ました。 今回は,1月にトランプ氏の支持者がアメリカの連邦議会議事堂を襲撃した事件において,その襲撃を扇動したという...

大法廷と小法廷 裁判・法的手続 2021年01月08日

令和2年12月に,夫婦別姓を認めない現在の法律は憲法に違反しているとして起こされた裁判について最高裁判所の小法廷が大法廷へ回付することを決めた,というニュースがありました。 現行法では,法律上の夫婦になると夫と妻は同じ姓を名乗らないといけません。これは民法750条に規定されています。 今回の裁判を起こしたのは,別姓のまま婚姻届を出そうとして受理されなか...

ゴ-ン氏逃亡 裁判・法的手続 2020年01月31日

昨年末,凄いニュースが飛び込んできました。 日産自動車元会長のカルロス・ゴーン氏がレバノンに逃亡したというニュースです。 音響機器の箱に隠れてプライベートジェットで海外へ渡ったとか,いろいろと報道されていますが,正確な情報は分かりませんので,法律的に解説できる範囲で解説したいと思います。 まず,現在,行われている裁判はどうなるのでしょうか。 ゴーン氏は...

裁判と調停 裁判・法的手続 2019年02月28日

喧嘩して「訴えてやる!」と叫んでいる光景は、よくテレビなどでも観るかと思います。ただ、夫婦がけんかして「離婚する!してくれへんねやったら訴えたる!」というのは、弁護士として、少し「ん?」なのです。慰謝料請求だけの訴訟をするのであればいいのですが、離婚自体の話であれば、まずは「調停」を「申し立てる」必要があるからです。 では、「裁判」と「調停」何が違うか...

ハリルホジッチ元監督の訴訟について 民事裁判 2018年07月28日

先日行われたロシアワールドカップでは、日本代表がベスト16に進出するとともに、ベルギー戦では死闘を繰り広げ、全国に感動と熱狂、興奮をもたらしたのは記憶に新しいところです。 一方で、本年4月に解任されたハリルホジッチ元監督から日本サッカー協会の田嶋会長らに対する損害賠償請求等訴訟について、7月27日に東京地裁で第1回口頭弁論期日が開かれ、法廷での争いが本...