弁護士コラム

裁判・法的手続

Section banner judgment
強制執行について(4) 裁判・法的手続 2018年03月15日

本年2月25日付「強制執行について(1)」、3月1日付「強制執行について(2)」、3月7日付「強制執行について(3)」に引き続き、今回は動産執行等について検討を行いたいと思います。 第1 動産執行について 1.自動車の差押について 動産の差押対象として、債務者が所有する自動車を差し押さえる方法が考えられますが、主に以下の点に注意する必要があります。 (...

自治会費の使い込みが発覚。返還させるにはどうしたらいい? 裁判・法的手続 2018年03月15日

こんにちは。神奈川県横浜市の弁護士の市野裕明です。今回は、自治会費の使い込みが発覚した場合に、返還させるにはどうしたらいいか、というお話です。 自治会費の使い込みは、ほとんどの場合、刑法上の横領(業務上横領)の罪にあたるものと思われますから、まずは、刑事告訴を検討するのがよいでしょう。刑事手続中に、示談を促されることが多いので、回収も期待できます。もっ...

強制執行について(3) 裁判・法的手続 2018年03月07日

本年2月25日付「強制執行について(1)」、3月1日付「強制執行について(2)」に引き続き、今回は給与債権等に対する債権執行について検討を行ないたいと思います。 5.給与債権の差押について (1)通常の場合 給与債権については、債務者の生活基盤を形成する資産であることから、差押可能額に制限があり、①原則として税金や社会保険料等を控除した手取り額までの1...

強制執行について(2) 裁判・法的手続 2018年03月01日

本年2月25日付「強制執行について(1)」では、強制執行申立てに関し、債務名義に関する説明及び不動産執行(強制競売申立て)に関する検討を行いましたが、今回は、債権執行に関する検討を行います。主な債権執行対象として、以下のような債権が考えられます。 1.売掛金債権の差押について まず、債務者が法人あるいは個人事業主等の事業者の場合、債務者の取引先について...

強制執行について(1) 裁判・法的手続 2018年02月25日

法的な債権回収手段として、訴訟提起による判決等を得たものの、任意に支払いを得られない場合、強制執行を実施する場合があります。 相手方に目ぼしい資産が見当たらず、強制執行を行なっても費用対効果に合わない場合も少なくありませんが、強制執行を実施する場合の留意点ないし特徴について整理しておきたいと思います。 1.差押に必要な債務名義について (1)債務名義の...

【よくあるご質問】裁判になった場合 裁判・法的手続 2018年02月05日

Q23:裁判にはどれぐらいの時間がかかりますか? 一概には言えませんが,早くて半年,多くは1年から3年,長い場合はそれ以上かかる場合もあります。 事件の種類によって異なり,また裁判以外の手続が必要な場合もありますので,個別にご相談ください。 Q24:裁判になったら,裁判所に何度も行く必要があるのか? 裁判所には弁護士が代理人として出頭するため,原則とし...

【よくあるご質問】依頼について 裁判・法的手続 2018年01月20日

Q19:弁護士に相談すると,すぐに裁判にならないか? そんなことはありません。 裁判を起こすか起こさないかは最終的にはご依頼者に決めていただきます。 裁判を起こさずに交渉だけを行うという依頼も可能です。 Q20:相談したら,必ず弁護士に依頼しないといけませんか? とりあえず相談だけしてみたいという方もよくいらっしゃいます。 ご相談だけで解決方法をお伝え...

【よくあるご質問】相談について② 裁判・法的手続 2018年01月09日

Q13:病院から出られないので相談に来て頂くのは可能ですか? はい,対応できる場合がございます。事前にご予約お願いします。 ただし,事務所から離れることになりますので,法律相談料に加えて日当および交通費が別途必要となります。 Q14:初回の相談時に持参すべきものは何ですか? ご本人様確認のための身分証明書(運転免許証・健康保険証など),印鑑(認印)の二...

お金を返さない相手の不動産を差押えできる? 裁判・法的手続 2017年12月31日

こんにちは。弁護士の市野裕明です。今回は、お金を返さない相手の不動産を差し押さえることはできるか、というお話です。 相手は、不動産を持っているくらいですから、すごくお金に困ってるわけでもなさそうです。もし、現金がないとしても、いざとなれば、その不動産を売ってお金に換えることができるはずですよね。そういうときのために、差押えという方法があります。 差押え...

【よくあるご質問】相談について① 裁判・法的手続 2017年12月26日

Q7:そもそも何を相談すればいいのか分からないのですが まずは「不安」や「怒り」などの,お困りのことをお話ください。 日常生活の中から法律問題を見つけ出すことも弁護士の業務内容であり,それこそが法律相談です。 ですから,気構えずどうぞご相談ください。 Q8: 相談ではどんな事でも質問してよいのでしょうか? はい,遠慮なく質問してください。 意外なところ...

裁判・法的手続に強い弁護士

依頼者の皆様に寄り添い、笑顔を生み出せるように

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件、男女問題まで、心優しきサムライとして...

【初回相談1時間無料】ご相談者様と同じ視点に立ち、その支えとなって一緒に最善の解決を目指します。幅広い分野対応...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談1時間無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約...

ページ
トップへ