最高裁判所まで進む事件は、結論がどちらに転んでも少しも不思議ではない?

User image 1 ライトオンさん 2017年01月08日 10時43分

 最高裁判所まで進む事件は、結論がどちらに転んでも少しも不思議ではないものばかりだ、というような主張を耳にしたのですが、これは本当でしょうか?
 本当だとするとどのような理屈でそうなるのでしょうか?

事案によります。

下級審の法的判断が分かれているような事案では、まさにご指摘の通りであり、最高裁に判断して頂く必要があるため、最高裁まで争っているのでしょう。
古い法律や判例が時代に合わないのではないか、が問題になっている事案についても同様です。

しかし、単に当事者が争っているにすぎない事案では、「結論がどちらに転んでも少しも不思議ではないものばかり」とはいえません。

当職の印象の限りでは、民事事件では後者の割合は少ないのではないかと思いますが、きちんと統計を取った訳ではないので、正確な所は分かりかねます。

2017年01月08日 10時55分
補足質問
User image 1

ライトオン - 2017年01月08日 18時56分

 民事事件が少ないように感じる理由とはどのようなものですか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2017年01月08日 19時12分

民事事件で高裁まで争う事案は大抵弁護士が代理人としてついており、弁護士は法的な問題がない限り上告しても結論が変わる可能性が極めて低いことは理解している(はずである)からです。最高裁に上告した場合、本人にも追加の着手金や印紙代等の費用が発生します。
なお、刑事事件の場合は、①執行猶予期間満了まで争う、②刑務所に行く前に身辺整理する、等の理由で最高裁まで上告する事例は多数(年間1,000件以上)あります。国選弁護人の場合は、被告人本人には費用請求がなされない例が多いです。
補足質問
User image 1

ライトオン - 2017年01月08日 19時25分

 意味もなく持ち出してまで民事で最高裁まで争うことは希だということですか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2017年01月08日 19時33分

既に述べた通りであり、すいませんが無料相談の関係上、更なる回答は差し控えさせて頂きます。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

契約不履行に伴う刑事告訴の可否について

裁判・法的手続 2018年07月20日

2年前の話になります。 機械設備の開発・発注で1000万円を前金で支払ったのち、納期になるも成果物は納品されず、以降、都度催促するも納品されないため、 契約不履行として返金要求し先方も承諾しました。 しかしながら、先方は既に返金する原...

土地の無断使用。

裁判・法的手続 2018年06月06日

自分の土地に無断で数十年使用してる。 口頭注意しましたが未だに撤去して頂けない。 このままでは、トラブルが起きかね無いのでこの度、法的手段辞さ無いかと思ってメール致しました! 良いアドバイスをお願い致します。 高橋

債権回収に困っています。最終手段を教えて下さい

裁判・法的手続 2018年05月12日

裁判に勝訴しましたが、相手の支払いが滞り、口座を予想しての差押えを試みましたが、その銀行に口座はありませんでした。 相手の職場もわかりません。 独身で実家で家族と同居しています。 家財などの差押えは出来るのでしょうか? その前に差押え...

破産宣告、回収について

裁判・法的手続 2018年04月24日

互助会の積み立て(冠婚葬祭)を長くしていましたが、 会社が破産宣告して、積み立ては払えない とのことです。 泣き寝入りなのでしょうか? コツコツとはらって悔しいです 送られてきた文章には 15年ほどまえから経営が危ぶまれていた、 とも...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ