貸金の領収書

User image 1 肉うどんさん 2017年02月11日 04時27分

貸金裁判の債権者の承継人です。亡くなった父親の台帳には返済額の年月日は記入されていますが、債務者は領収書を一切もっていませんでした。代理人の司法書士によって不正な過払い請求をかけられてきました。台帳には返済額は記載されているのですが、証拠がないので返済が無かったことにする事を裁判で主張する事は可能なのでしょうか。亡くなった父親の台帳の証拠能力の方が高いのでしょうか。教えて下さい。

判例上、貸金業者には債務者に対する取引履歴の開示義務があります。

また、業として貸付を行なっていたのであれば、貸金業法上、債務者に対し領収書の交付義務があるとともに(貸金業法18条)、貸付に関する帳簿の備付及び保存義務があります(同法19条)。

仮に、これらの記録を開示しないとなると、訴訟になった場合に証明妨害として、債務者側の主張通りの事実関係が認められる可能性があります。

「不正な過払い請求」か否かは、利息を含めた支払総額が、利息制限法所定の利率によって計算した場合に過払金が発生するか否かによりますが、いずれにせよ台帳に基づいた取引履歴を開示する必要があります。

2017年02月11日 10時40分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

土地を孫に毎年分割贈与する方法

裁判・法的手続 2021年02月08日

土地を百万円分づつ孫に毎年贈与することはできますか。 可能ならばやり方をご教示ください。 とくに登記所は関係するのか、 するならば申請書とともに贈与部分の区画を描いた図面も出すのかが最も気になります。

強制執行手続きについて

裁判・法的手続 2021年02月03日

離婚をする際に、執行認諾文言付き公正証書を作成し、毎月の生活費の補填を確約の上で離婚しましたが、履行されていません。他にも履行されていない条文があります。元夫に対し強制執行したいと思っておりますが、手順が分かりません。弁護士先生に介入...

違憲審査

裁判・法的手続 2021年01月09日

違憲審査について 個別具体的な被害があったときに違憲審査できるんだよと言われたのですが、例えば条例が法律と内容が重複するものであったとしても、それにより被害を被らない限り、違憲審査は絶対でいないということなのでしょうか。

違憲審査

裁判・法的手続 2021年01月09日

違憲審査について 個別具体的な被害があったときに違憲審査できるんだよと言われたのですが、例えば条例が法律と内容が重複するものであったとしても、それにより被害を被らない限り、違憲審査は絶対でいないということなのでしょうか。

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する