個人情報の漏えいについて

User image 1 lu_8127254dさん 2018年03月04日 13時23分

こんにちは

以前お客様に商品を買っていただきました。
お支払い後にご感想をいただきました。
後日、お客様の顔と名前をメルマガで流してしまい、
お客様から個人情報漏えいで訴えると言われております。
副業についてのメルマガでしたので副業していることがバレたら
会社を辞めさせられてしまうとのことです。

全額返金をするつもりです。
ですが、この商品はいらないため他に商品を買って欲しい
との相談を受けましたがどのように対応したらよいでしょうか?

教えてください。

初めまして。
ご相談内容を拝見しました。

相手方の承諾なく顔や名前をメルマガに流してしまったということでしょうか。

その場合、個人情報を承諾なく不特定多数人に伝えてしまったという事実はありますが、損害額の算定などは容易ではなく、訴訟を提起するという相手方の話は現実には難しいかと思います。

結論としては、謝罪の上、再発防止のために今後気を付ける旨の説明をし、謝罪の意として商品代金を返すという対応が無難かと思います。
ちなみに、相手方に別の商品を買うよう言われているということですが、基本的には、相手方に謝罪をしつつも、言う通りにしていたらキリがないので、返金程度にとどめておいたほうが良いかと思います。

2018年03月04日 14時09分
補足質問
User image 1

lu_8127254d - 2018年03月04日 14時17分

とても悩んでいましたので、
迅速なご回答に心より感謝を申し上げます。

そう言っていただけてホッとしております。
相手には何て言って追加の商品のお断りをしたらよろしいでしょうか?

また、向こうが訴えることはできるのでしょうか?
万が一訴えられた場合どうしたらよいか教えてください。

宜しく御願い致します!!!
補足回答
Resized avatar mini magick20190107 771 igbf61

若井 亮 弁護士 - 2018年03月04日 15時02分

訴えることが出来ない訳ではないかと思いますが、コストや手間を考えると現実的ではないかと思います。
断言はできませんが、駆け引きとして、訴えるという言葉を用いている可能性のほうが高いかと思います。

追加の商品を寄こすよう言われているということでしょうか?
商品代金を頂かないという点以上の対応はできかねる、とだけお伝えいただくのが良いかと思います。
理由を伝えると、おそらく再反論があるかと思いますので。

筋としては、売買契約と損害賠償請求は全くの別物であり、商品を返還するならば、代金をお返しする、商品をそのままにするならば、代金をお支払い頂く、別に商品が欲しければ、当該商品の代金をいただく、個人情報の漏洩について損害賠償請求したければ別途していただくという話です。
上記の原則を曲げ、謝罪の意として商品はお渡ししたまま、代金はお返しするという対応をするのですから、それ以上どこまでの対応をするかは経営判断になりますが、いつまでも同じように相手の要求に応える訳にはいかないでしょうから、対応できかねるとだけ伝え、相手方が折れるのを待つしかないかと思います。
お礼メッセージ

迅速なお返事ありがとうございます。

人生で初めてこのようなトラブルに巻き込まれ
こんなにも弁護士さんに助けられたことはありません。

次回このようなことがないように努めてまいります。
無料相談で弁護士さんには何も利益がないのに
ここまでご丁寧に教えてくださったことに
本当に感謝しております。

今後ない方がいいのですが、
万が一大きなトラブルに巻き込まれた時は
ぜひ宜しく御願い致します。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

土地を孫に毎年分割贈与する方法

裁判・法的手続 2021年02月08日

土地を百万円分づつ孫に毎年贈与することはできますか。 可能ならばやり方をご教示ください。 とくに登記所は関係するのか、 するならば申請書とともに贈与部分の区画を描いた図面も出すのかが最も気になります。

強制執行手続きについて

裁判・法的手続 2021年02月03日

離婚をする際に、執行認諾文言付き公正証書を作成し、毎月の生活費の補填を確約の上で離婚しましたが、履行されていません。他にも履行されていない条文があります。元夫に対し強制執行したいと思っておりますが、手順が分かりません。弁護士先生に介入...

違憲審査

裁判・法的手続 2021年01月09日

違憲審査について 個別具体的な被害があったときに違憲審査できるんだよと言われたのですが、例えば条例が法律と内容が重複するものであったとしても、それにより被害を被らない限り、違憲審査は絶対でいないということなのでしょうか。

違憲審査

裁判・法的手続 2021年01月09日

違憲審査について 個別具体的な被害があったときに違憲審査できるんだよと言われたのですが、例えば条例が法律と内容が重複するものであったとしても、それにより被害を被らない限り、違憲審査は絶対でいないということなのでしょうか。

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する