弁護士コラム

交通事故に遭った場合に弁護士に依頼する時期

[投稿日] 2020年05月18日 [最終更新日] 2020年05月18日

突然、不慮の事故に巻き込まれてしまった。

初めて事故に巻き込まれてしまった場合、これからどのように対応すればよいのか分からないと不安に感じられる方が多いです。

弁護士に相談に行っても、治療が終了して示談交渉の段階になってから再度相談に来なさいと帰されてしまったというお話もよく聞きます。

弁護士によって対応は異なると思いますが、当職は、事故に遭われた場合はすぐに弁護士に相談に行くことをおススメします。

交通事故の被害に遭われた方は、これから、どうなっていくのか、先が見えなくてご不安に感じられていることが多いのです。

そのような不安を取り除くためには、まずはご相談にいらしていただき、今後の流れをご説明させていただく、そして治療中の対保険会社のアドバイスをする、それだけでも不安が拭えたという方はたくさんいらっしゃいます。

今は弁護士特約が自動車保険についているという方もいらっしゃいますので、弁護士特約が付いている方は、弁護士に相談・依頼することを躊躇う必要はありません。

弁護士特約を利用しても自動車保険の等級が下がることはありませんので、是非、弁護士特約を利用して、弁護士に相談に行きましょう。

弁護士特約の相談料は10万円まで出ることが一般的です(依頼をする場合は300万円が上限となっていることが多いです)。

このため、弁護士特約の相談料を利用すれば、複数の弁護士から話を聞くことも可能です。

弁護士に依頼するというのは、人生で何度もあることではありません。

そして一度依頼をすれば、長ければ年単位での委任関係が継続します。

このため、自分に合った弁護士を見つけ、納得のできる弁護士に依頼をするためにも、複数人の弁護士と実際に会い、相談をすると良いでしょう。

 

高松まちかど法律事務所 〒760-0025 香川県高松市古新町1-6 NODAYAビル2階 平日8:30-17:30
Resized avatar mini magick20200514 25055 a22f62

寺田 玲子 弁護士

取扱分野
離婚・男女 交通事故 犯罪・刑事事件

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。