検索結果

検索結果:10件(1件〜10件)

検索条件:京都府 / 犯罪・刑事事件

表示順について>>

臼井 陽子 弁護士

注力分野
犯罪・刑事事件
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 3女性スタッフ在籍
  • Icon 1駐車場あり
  • Icon 2託児所・キッズルーム
身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

丸山 紳 弁護士

注力分野
犯罪・刑事事件
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
  • Icon 3女性スタッフ在籍
【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。
■当事務所は刑事事件(少年事件を含みます)に注力しています。 無罪よりも不起訴、そして身柄解放に最大の価値を置いた弁護活動を行います。 いったん刑事被疑者として、法律に定まったレールに乗せられてしまうと、仕事や私生活において甚大な不利益が生じます。ことに起訴されてしまうと、身柄拘束が長期…

大西 洋至 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 1当日相談可
【初回相談30分無料】豊富な実績と柔軟な発想、そしてしっかりとお話を伺う誠実な対応で、最良の解決に向けて全力でサポート致します。
【初回相談30分無料】【夜間・土日祝相談可】【メール相談可】 刑事事件は時間との勝負です。逮捕直後には弁護士しか面会が認められませんので、迅速な対応が求められます。そして逮捕勾留によって孤立している当事者を精神的にもバックアップすることで、安心して取調べを受けられる状況を作り出します。また、今後ど…

岩本 貴晴 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
【初回相談60分無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせください。
【初回相談60分無料】【夜間・休日相談可】【電話相談可】 刑事事件は時間との勝負です。逮捕直後には弁護士しか面会が認められませんので、迅速な対応が求められます。そして逮捕勾留によって孤立している当事者を精神的にもバックアップすることで、安心して取調べを受けられる状況を作り出します。また、今後どのよ…

山西 保彦 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
【初回法律相談無料】【夜間・休日相談可】【電話・メール相談可】 豊富な実績と丁寧なヒアリングをもとに、的確で迅速な法的サービスをご提供し、皆さまを守ります。
【初回相談無料】【電話相談可】【夜間・休日相談可】 刑事事件で不利益を小さくするためには早急な対応が重要です。逮捕直後には弁護士しか面会が認められませんので、逮捕勾留によって孤立している当事者の精神的な支えになれます。また、今後の対処法など、様々な悩みを抱えるご家族などに、わかりやすくアドバイスし…
弁護士法人河原町五条法律事務所 〒600-8029 京都府京都市下京区西橋詰町759 SAKIZO河原町五条ビル 平日10:30-20:00
Resized avatar mini magick20180425 11551 4zzffv

久田 浩誌 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
とみまる法律税務事務所 〒604-0866 京都府京都市中京区両替町通竹屋町上る西方寺町157 フジタビル2階25 [現在営業中] 平日9:30-18:00
Avatar default

長谷川 正明 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
洛新法律事務所 〒604-0876 京都府京都市中京区丸太町通烏丸東入光リ堂町420 京都インペリアルビル5階
Avatar default

野澤 健 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
中村利雄法律事務所 〒604-0931 京都府京都市中京区河原町通二条西入 宮崎ビル2階
Avatar default

宮崎 純一 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
七緒法律事務所 〒604-0924 京都府京都市中京区河原町通二条下ル一之船入町376 クロトビル4階
Avatar default

中村 直美 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
条件を絞り込む
地域
京都市 京都市北区 京都市上京区 京都市左京区 京都市中京区 京都市東山区 京都市下京区 京都市南区 京都市右京区 京都市伏見区 京都市山科区 京都市西京区 福知山市 舞鶴市 綾部市 宇治市 宮津市 亀岡市 城陽市 向日市 長岡京市 八幡市 京田辺市 京丹後市 南丹市 木津川市 その他京都府
路線
JR小浜線 JR関西本線(亀山~加茂) 琵琶湖線 京都線 JR湖西線 大和路線 嵯峨野線 JR山陰本線(園部~豊岡) 学研都市線 奈良線 JR舞鶴線 福知山線(篠山口~福知山) 近鉄京都線 京阪本線 京阪宇治線 京阪鴨東線 男山ケーブル 京阪京津線 阪急京都本線 阪急嵐山線 嵯峨野観光線 叡山電鉄叡山本線 叡山電鉄鞍馬線 宮福線 宮豊線 京都市営地下鉄烏丸線 京都市営地下鉄東西線 京福電鉄嵐山本線 京福電鉄北野線 宮舞線
分野
執行猶予 詐欺 逮捕・勾留 窃盗・万引き 性犯罪 賭博 暴行・傷害 脅迫・強要 横領 交通違反 器物損壊 釈放・保釈 懲役・禁錮(刑務所・仮釈放) 恐喝 強盗 保護観察 住居侵入 少年事件 捜査 刑事裁判(告訴・告発・控訴・再審) 薬物事件(覚せい剤・麻薬・大麻)
条件
相談体制:
当日相談可 土曜日相談可 日・祝相談可 夜間相談可(18時以降) 電話相談可 メール相談可
お支払い方法:
法テラス利用可 初回相談無料 分割払いあり 後払いあり 着手金無料あり 完全成功報酬あり カード払いあり
性別:
男性 女性
駅徒歩:
5分以内 10分以内 15分以内
設備・スタッフ:
駐車場あり 託児所・キッズルーム 女性スタッフ在籍
対応言語:
英語 中国語 韓国語 スペイン語 ポルトガル語
経験・資格:
国際離婚取扱経験 元裁判官 元検事 冤罪弁護経験 再審弁護経験 事業会社勤務経験 税理士業務経験 弁理士業務経験 海外法曹資格

犯罪・刑事事件を得意としている弁護士

地域別犯罪の特徴とは?京都府は少年非行が目立っています

京都府は全国と比較しても少年非行が目立っていることが特徴です。京都府警察の「刑法犯少年の検挙・補導人員の10年間の推移」では、国勢調査から得られた推計人口に基づいて算出された人口比を知ることができます。人口比は14〜19歳までの少年1,000人の内、何人が検挙されたか示す値です。平成19年の人口比は22.9人、平成28年は4.5人と大幅に減少しています。しかし、全国の人口比は平成19年で13.9人、平成28年は4.4人となっています。平成28年で全国人口比に大きく近づいたものの、依然として全国よりも高い値のままです。また、京都府の犯罪少年再犯者率は平成28年に39.3%、全国再犯者率は37.1%で人口比と同じように全国よりも高くなっています。

学識別に検挙・補導された少年を見ると、中学生と高校生がそれぞれ全体の3割を占めています。平成27年では小学生以下が7.1%であったのに対して、平成28年では9.1%です。最近の少年非行は低年齢化している傾向があります。少年非行の約6割を占めている犯罪は「窃盗」で、万引き・自転車盗難が特に多いです。京都府警察は事件を未然に防ぐと同時に、日頃の精神的ケアを保護者に呼びかけるようにしています。

窃盗以外で最近目立っているのは、「薬物乱用」です。平成27年と平成28年で覚せい剤取締法に違反したのは、どちらも3.5%で変わりません。大麻取締法が平成27年の6.4%から平成28年には14.5%にまで高くなっています。薬物乱用は友人や大人から誘われて巻き込まれるケースもあるので、油断は禁物です。中毒性があるため、1度使ってしまうと自分の意志で薬を断絶するのは難しいでしょう。薬には絶対手を付けない、誘われても断ることが大切です。

京都府は少年非行の他に、侵入盗難・器物損壊が特徴です

京都府は少年非行の他に「侵入盗難」の多さが特徴です。京都府警察の「刑法犯認知件数(10か年推移・罪種別)」によると侵入盗難・乗り物盗難・非侵入盗難を含む窃盗犯罪の合計認知数は、平成28年で15,033件となっています。平成26年は21436件、平成27年は17724件だったので着実に減少しています。侵入盗難は920件、乗り物盗難は6,653件、非侵入盗難は7,460件です。乗り物盗難や非侵入盗難に比べれば侵入盗難の認知件数は低くなっています。

京都府は昔ながらの日本らしさが現在も残り、外国人観光客からも人気の高い歴史のある街として有名です。木造住宅が非常に多く、十分なセキュリティが整っていない住宅も数多く存在します。木造住宅の多い京都府の特性が犯罪ではデメリットとなり、侵入盗難が相次いでいます。歴史のある高価な物品が多いことも、侵入盗難が多い原因の1つです。そのため京都府警察では侵入盗難に対する注意を呼びかけ、細かい犯罪対策をホームページで掲載しています。努力が実って、先程述べたように最近では侵入盗難が減少しつつあるのです。

その他に目立つ犯罪として「器物損壊」が挙げられます。平成28年は認知件数が2317件を記録し、前年比で548件減少していますが発生率の高い犯罪です。器物損壊は他人の物を破壊する犯罪で物理的に破壊せず、心理的に物を使用できなくなった時も器物損壊に含まれます。例えば飲食店へ放尿した場合、物理的に修復することは可能ですが消費者は心理的に「その店舗を使用したい」とは思わないでしょう。心理的に使用できなくなった状態なので、このケースも器物損壊になります。建物や外壁への落書きも器物損壊の一種で、京都府では景観を損なうような落書きが多発しています。

京都府で犯罪・刑事事件にお困りの方へ!

京都府で問題となっている少年非行は刑事事件と全く異なる流れで手続きが行われます。しかし、刑事事件と同じように有罪の判決が下るケースもあるため弁護士に相談するのが賢明です。専門施設で更生を目指すケースと有罪になった場合では、今後の人生が大きく変わります。家庭裁判所に送致され、収容となった時は少年の性格や生活環境を調べて審査・処分の決定というのが主な流れです。手続きの間に行われる奉仕活動によって十分反省していることが認められれば不処分、その他には保護観察・少年院送致といった処分があります。刑事事件とは違って有罪・無罪を決めない所が大きな違いです。再犯率の高い京都府ですが、当然再び罪を犯した場合は重い処分が下るため保護者のケアと監視が非常に重要となります。弁護士は少年に対してどのように接すれば良いのか、捜査への向き合い方などを教えてくれるのでメリットは豊富です。

少年非行以外の侵入盗難や器物損壊を得意としている事務所も検索可能です。器物損壊は親告罪なので、被害者が告訴しない限り犯人に刑罰を求刑できません。被害届を出して犯人が逮捕された場合は損害賠償請求が可能です。告訴を取り下げて十分な損害賠償金を回収するか、犯人を罰することを重視するかは被害者に選択する権利があります。弁護士に相談すれば、どちらの方がメリットがあるのか説明して貰えます。ケースによって損得は異なるため、自分だけで判断せずに弁護士に相談した方が良いでしょう。

Go To Top Html