弁護士コラム

交通事故被害に遭った後の治療

[投稿日] 2018年07月27日 [最終更新日] 2018年07月27日

交通事故被害に遭った後は、当然病院や整骨院等に通院されることになると思います。

そして、負傷状況によっては通院が長期に及ぶこともままあります。

しかしながら、負傷内容(頚椎捻挫や腰椎捻挫)については、保険会社が早期に治療の打ち切りを示唆してくることがあります。

そのような場合でも、弁護士から治療継続のために不可欠な内容の質問を医師に行い、医師からの適切な治療に関する回答があれば、不当な打ち切りに対応することが可能です。

そのため、事故に遭われた直後に弁護士に依頼をすることが、その後の治療に関するリスクを除去することに繋がります。

京都市内で交通事故被害に遭われましたら、ご自身が加入している自動車保険に「弁護士費用特約」が付いているかを確認した上で、当事務所にご相談ください。

弁護士費用特約がついている場合であれば、弁護士費用をご自身で負担することなく、弁護士に相談、委任が可能ですので、是非ご確認ください。

松村法律事務所 〒604-0876 京都府京都市中京区丸太町通烏丸東入光リ堂町420 京都インペリアルビル5階502号室 平日9:00-21:00  |  土曜9:00-21:00  |  日・祝9:00-21:00
Resized avatar mini magick20181016 18697 16kipm2

松村 智之 弁護士

取扱分野
離婚・男女 相続 交通事故

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。