弁護士コラム

借金のことを家族に秘密にしたまま借金理ができるものなのか? 弁護士 高谷滋樹

[投稿日] 2021年06月01日 [最終更新日] 2021年06月01日

家族に内緒で借金をしてしまい、毎月の返済が苦しくなってお困り方も多いのではないでしょうか?

債務整理のなかには、「任意整理」「自己破産」「個人再生」の手続きがあります。

「任意整理」は裁判所を通さずに弁護士が債権者と直接交渉をしますので、家族に知られるリスクはほとんどありません。

ただし、任意整理をしてもブラックリストに登録されてしまうため、数年間はクレジットカードの更新ができなくなります。

あなたが本会員でご家族が家族カードをお持ちの場合、更新のタイミングでご家族にばれてしまう可能性はあります。

一方で「自己破産」「個人再生」は裁判所を通して行われる手続きですので、ご家族と共有財産がある場合には内緒にすることはできません。

また、共有財産がなくても、裁判所から同一家計内の収支状況などについて詳しく尋ねられるため内緒で手続きを進められるという保証はありません。

ただし、生活状況などによっては家族に内緒で手続きができる場合もありますので、弁護士にご相談されてみるのが良いでしょう。

 

京都の債務整理・借金問題を弁護士に相談

 

都総合法律事務所
弁護士 高谷滋樹

 

https://kyotosyakin.com

 

都総合法律事務所 〒600-8491 京都府京都市下京区鶏鉾町480番地 オフィス-ワン四条烏丸802 フロンティア・ロー京都 [現在営業中] 平日0:00-24:00  |  土曜0:00-24:00  |  日・祝0:00-24:00
Resized avatar mini magick20170509 23390 1lh4sqg

高谷 滋樹 弁護士

取扱分野
借金・債務整理 交通事故 労働

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。