弁護士コラム

「宗教法人とは」 京都・都総合法律事務所

[投稿日] 2021年06月30日 [最終更新日] 2021年06月30日

京都にある都総合法律事務所では、多くの宗教法人様とお付き合いさせていただいております。

 

そもそも、「宗教法人」とは、何かについて今回は説明させていただきたいと思います。

 

まず法人とは、自然人とは別に、権利主体たる地位を認めたものです。

権利主体たる地位を認めるとは、権利能力を有するということです。

権利能力とは、法律関係を発生、変更、消滅させることが出来ることを言います。

 

そして、「宗教法人」とは、宗教法人法に基づいて法人格を与えられた宗教団体のことを言います(宗教法人法第4条第2項)。

宗教法人法は、宗教団体に権利能力を与える法技術的な根拠規定であり、宗教上の行為・特性・慣習について規律するものではないことは、宗教法人法上に書かれています(宗教法人法第1条第2項、第18条第6項等)。

 

宗教団体とは、宗教の教義を広め、儀式行事を行い、および信者を教化育成することを主たる目的とする、

①礼拝の施設を備える神社、寺院、協会、修道院その他これらに類する団体、

②前記①の団体を包括する教派、宗派、教団、協会、修道会、司教区その他これらに類する団体を指します(宗教法人法第2条)。

 

宗教法人についてのお悩みは、京都にある都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹 まで御連絡ください。

 

 

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

 

年中無休・24時間予約受付

 

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

都総合法律事務所

http://miyakosougou.kyoto.jp

 

 

都総合法律事務所 〒600-8491 京都府京都市下京区鶏鉾町480番地 オフィス-ワン四条烏丸802 フロンティア・ロー京都 [現在営業中] 平日0:00-24:00  |  土曜0:00-24:00  |  日・祝0:00-24:00
Resized avatar mini magick20170509 23390 1lh4sqg

高谷 滋樹 弁護士

取扱分野
借金・債務整理 交通事故 労働

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。