弁護士コラム

裁判所から通知が来た!! 今後の流れや対処法は?

[投稿日] 2021年08月18日 [最終更新日] 2021年08月18日

借金を滞納し続けていると、裁判所に訴訟や支払督促の申立てをされることがあります。ある日突然裁判所から「特別送達」という郵便で訴状や支払督促申立書が届き、驚かれる方も多いでしょう。

裁判所からの呼び出しを無視し続けて判決や仮執行宣言付支払督促がでてしまうと、債権者はいつでもあなたの財産を差押えることができる状態になります。

 

差押えの対象となる財産はさまざまですが、たとえば、給料や預貯金、車、不動産などがあります。

給料を差押えられると、裁判所から職場へ通知が届きますので、借金をしていることが会社に知られるだけでなく、事務的な手続きで迷惑をかけることにもなりかねません。

 

預貯金を差押えられると、口座が凍結されてある日突然お金を引き出せなくなってしまいます。

債権者からの督促を放置し続けて裁判を起こされた場合、どのような対応をとるべきでしょうか?

 

対処法1
裁判所から支払い督促を受けた場合は、「督促異議申立書」を、訴状のかたちで呼び出し通知が届いた場合には、「答弁書」を書いて自分の言い分をしっかりと伝える必要があります(例 一括では支払えないので、分割払いにしてほしい、など)。

これらを提出しなかった場合は、債権者の言い分をすべて認めたことになり、仮執行宣言付支払督促や判決がでてしまいます。

そして前述のように、いつ差押えられてもおかしくない状況に陥ってしまいます。

 

対処法2
自分では裁判の対応ができない場合や、他にも債務があって支払えそうにない場合には弁護士にご相談されることをおすすめします。

債務整理をすることで、裁判そのものを止めることも可能です。

 

https://ameblo.jp/miyakosougou/entry-12692881489.html

 

 

返済地獄から速やかに救出します!!

 

京都の方の借金の御相談

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

京都 借金相談

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

京都 借金相談
https://kyotosyakin.com

 

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

 

都総合法律事務所 〒600-8491 京都府京都市下京区鶏鉾町480番地 オフィス-ワン四条烏丸802 フロンティア・ロー京都 [現在営業中] 平日0:00-24:00  |  土曜0:00-24:00  |  日・祝0:00-24:00
Resized avatar mini magick20170509 23390 1lh4sqg

高谷 滋樹 弁護士

取扱分野
借金・債務整理 交通事故 労働

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。