弁護士コラム

自己破産と裁判所への出頭について 弁護士 高谷滋樹

[投稿日] 2021年09月24日 [最終更新日] 2021年09月24日

自己破産は裁判所を通して行う手続きですから、

裁判官が、申請者から直接お話を聞く必要があると判断すれば呼び出しがあり、出頭しなければなりません。

お仕事をされている場合にはお仕事を休まなくてはなりませんし、「裁判所」というと、なんとなく怖そうというイメージをもって不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

自己破産の手続きにおいて、ご本人が裁判所に出頭しなければならない回数は手続きによって異なります。

同時廃止事件(簡略な方法)では、書面審査のみで手続きが終了する場合もあります。

管財事件(複雑な方法)となった場合には、必ず1度は裁判所に行く必要がありますし、

事案によっては数回出頭をもとめられることもあります。

いずれの場合でも、裁判所へ行かなければならないときは弁護士がサポートいたしますのでご心配はいりません。

 

京都の債務整理・借金問題を弁護士に相談

返済地獄から速やかに救出します!!

 

京都の方の借金の御相談

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

京都 借金相談

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

京都 借金相談
https://kyotosyakin.com

 

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

 

弁護士 高谷滋樹 ブログ

https://ameblo.jp/miyakosougou/entry-12699953734.html

 

都総合法律事務所 〒600-8491 京都府京都市下京区鶏鉾町480番地 オフィス-ワン四条烏丸802 フロンティア・ロー京都 [現在営業中] 平日0:00-24:00  |  土曜0:00-24:00  |  日・祝0:00-24:00
Resized avatar mini magick20170509 23390 1lh4sqg

高谷 滋樹 弁護士

取扱分野
借金・債務整理 交通事故 労働

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。