弁護士コラム

共有物に関する意思決定について 共有解消ドットコム 弁護士 高谷滋樹 です。

[投稿日] 2021年11月23日 [最終更新日] 2021年11月23日

共有名義の不動産は、単独名義の不動産とは異なり、その活用については制限があります。

複数人で共有しているものですから、当たり前といえば当たり前ですが、その行為によっては、その都度全員の合意をとっていては様々なコストが生じてしまい、結果としてデメリットの方が大きくなってしまうことも十分に考えられます。

そこで民法では、その行為によって、同意が必要な割合を定めています。これが、今回のテーマです。

 

共有物に関する意思決定は大きくわけて3つに分類することが出来ます。

これは意思決定のために必要な人の数が異なります。これらを以下で見ていきましょう。

 

①       変更・処分行為(民法251条)

変更・処分行為とは、共有物に対し物理的変化を伴うないし、法律的処分を行う行為のことをいいます。具体的には、建物の解体や売却がこれにあたります。これらの行為を行うには共有者全員の同意が必要となります。

 

 

②       管理行為(民法252条本文)

変更に該当しない利用・改良行為は、どのように共有物を使っていくかという重要な意思決定ですが、他の共有者の権利を剥奪するほどの行為ではなく、持分の過半数(共有者の過半数ではないことに注意)で可能になっています。具体的には、第三者Zに賃貸する場合の賃貸借契約の締結や、その契約解除がこれにあたります。

 

 

③       保存行為(民法252条ただし書き)

民法第252条ただし書きに規定されているように、共有物の保存行為は、各共有者の単独で行うことができます。保存行為に共通するのは、変更行為のように共有物の性質が変わるわけではなく、他の共有者が不測の不利益を受けるわけでもない点です。

具体的には、共有物の価値を落とさないための修繕、共有物の不法占有者に対する明渡し請求、共有不動産の不実登記に対する抹消請求などです。

 

 

以上では,共有物の変更行為の内容について説明しました。

ですが、実際には,具体的・個別的な事情によって法的な分類が異なることもあります。

実際の共有物の扱いの問題に直面されている方は、ぜひ、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

 

 

不動産関連でなにかお困りのことがございましたら、弊所、都総合法律事務所までご相談ください。

 

 

不動産に関する諸問題は、弊所 都総合法律事務所 まで御相談ください。

 

「地主の、地主による、地主のための法律サービス」を展開しております。

 

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

共有解消ドットコム

https://kyouyukaisyou.com

 

地主ドットコム

http://jinushi-law.com

 

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

 

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。 

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true 

 

YouTube チャンネル にて、放映中です。 

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

 

#都総合法律事務所#高谷滋樹#弁護士#京都#共有解消ドットコム#共有不動産#共有物分割訴訟#共有#法律事務所#関西

 

 

都総合法律事務所 〒600-8491 京都府京都市下京区鶏鉾町480番地 オフィス-ワン四条烏丸802 フロンティア・ロー京都 [現在営業中] 平日0:00-24:00  |  土曜0:00-24:00  |  日・祝0:00-24:00
Resized avatar mini magick20170509 23390 1lh4sqg

高谷 滋樹 弁護士

取扱分野
借金・債務整理 交通事故 労働

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。