前科は消えるものなのでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月25日 00時29分

 自分は16歳で万引きをして前科がつきました、しかし友達の話によると20歳になると前科が消えると言われたのですが本当なのでしょうか?お答えください。



(10代:男性)

匿名弁護士

 いわゆる前科は、「過去に確定した有罪の判決を受けたことがあること」を意味し、法令用語としては「犯歴」と言います。

 「有罪の判決」という部分がポイントで、「執行猶予」となった場合も、あくまで「刑」の執行が猶予されているにすぎず、有罪の判決自体は受けているので、記録されるべき前科(犯歴)となります。詳しい内容は、これまでのご相談への回答を参考にしてください。なお、「前歴」とは前科よりも広い意味を持つもので、「捜査機関から被疑者として捜査を受けたことがあること」を意味します。



 さて、「前科が消えるか?」というご質問ですが、詳細な意味がわかりかねるため複数のパターンを想定してお答えいたします。

 まず、前科(犯歴)は、その人が死亡するまで検察庁で保管されることになっているため(犯歴事務規程18条)、「事実として」前科は消えない点はご理解ください。



 次に、「前科があることで発生する不利益な効果が消えないか?」という点についてご回答いたします。

 前科があることで生じる不利益には、選挙権が一定期間停止したり(公職選挙法11条など参照)、特定の職業に就けなかったり、資格試験の受験資格がなくなったりするケースなどが挙げられます(詳しくは、これまでの記事を参照)。

 「少年(20歳未満)」の時に前科がついてしまったご相談者様としては、このような就職・受験資格の制限が気になるところだと思われます。



 多くの場合、「禁錮以上の刑に処せられた者」は当該資格を取得できないという形式が制限の手法といえます(執行猶予であっても刑に処せられたと言える点に注意が必要です)。実際に禁錮以上の刑となった場合は、刑の執行を終えてから10年以上経過したときに刑の言い渡しの効力が消滅し(刑法34条の2)、制限が解除されます。執行猶予だった場合は、執行猶予の期間を経過したときに刑の言い渡しの効力が消滅し、制限が解除されます(刑法27条)。

 ただ、法律上少年である者は、少年のときに犯した罪について「刑の執行を受け終わった」か「執行の免除を受けた」場合、その瞬間から刑の言い渡しの効力が消滅し、制限が解除されます(少年法60条)。少年は、更生のチャンスを与えるという観点から優遇されていると言えます。

 しかしながら、事実として前科は消えません。過去に犯した罪について重々に反省をして、どうかこれからの将来に向かって歩んでください。

2015年04月25日 00時29分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

執行役員退職後に同業他社の監査役になるのは問題ありますでしょうか?

就職・採用 2020年07月17日

執行役員が、退職後に同業他社(競業先)の常勤監査役に就任することは、問題ありますでしょうか? 社外非常勤監査役に就任する場合はどうでしょうか。 「退職してから一定期間経過後であれば問題ない」というような条件がありますでしょうか。

警察官採用試験は難しいでしょうか?

就職・採用 2020年04月04日

よくネット上では「警察官はバカでもなれる」とか「難易度は低い」などといった書き込みが見受けられますけど、本当に警察官はバカでもなれるんですか?そんなに簡単なんですか?

臨時職員だとしてもそこで働きたいが親に反対されています。出来れば納得してもらうにはどうすればいいでしょうか?

就職・採用 2019年11月22日

21の大学生です 先日以前働かさせて頂いた場所で臨時職員としての採用が決まり親に報告しましたが、親は・自分のプライドなら許さない・あんたの〜万円だしたのにこれなの?と言われ、どうしてもそこがいいなら今月残り1週間持って家を出て行け、と...

法律上、履歴書に正社員、パート、アルバイトの記述は必要ですか?

就職・採用 2019年10月25日

以前、二年間パートという約束で働いていた会社を履歴書に書き、今の会社に採用されました。 正社員、パートなどの区別は書かず、会社名と期間だけを書きました。 しかし、今の会社の採用担当者から、「正社員じゃなかったとは思わなかった。知ってい...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する