入社直前に会社が倒産して採用が延期された!損害賠償を請求できる?

Legalus編集部さん 2015年04月21日

 今年の4月1日から新卒の社会人として働きだす予定でしたが、その会社が景気悪化の影響を受け、突然2月25日に民事再生法を適用し倒産してしまいました。内定者取り消しという措置はなかったものの、入社日が6月1日に延期され、それに対する補償は全くなく、アルバイトをして生活費を稼がなくてはならなくなりました。また給与が減額となり、内定時に提示されていた雇用条件が大幅に変更されました。再建の為にこのような措置をとることは仕方ないようにも思えますが、一方的に学生に不利な条件をつきつけるというのは、不条理に感じました。会社に損害賠償を請求することは可能でしょうか?


(20代:男性)

関連Q&A

会社に提出した履歴書に虚偽の記載をしてしまった!

就職・採用 2016年03月23日

私は会社の入社試験の際、学歴を偽った履歴書を提出して採用されてしまいました。 入社後は学歴で困ったことは一度もないのですが、現在、転職を考えているため、転職に際して問題が発生するのではないかと心配しております。 転職先は公職であり、現...

入社時健康診断の結果で不採用!これって許される?

就職・採用 2016年03月18日

先日、転職サイト経由で、ある企業の契約社員の中途採用の面接を受けました。その後、健康診断を受けてきてほしいと言われたので受けたところ、「血液検査の結果(血糖値、コレステロール値など)が当社の基準と合致しないため、もう一度受け直していた...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     損害賠償を請求できると考えられます。


     あなたと会社との間の労働契約は、会社から採用の内定をもらった時点で成立しています。入社時には、労働契約の効力が発生するだけです。


    そして、採用内定後に、入社日を繰り下げ(採用延期)して自宅待機をさせるような場合は、会社の都合による「労働義務の免除」ないし「労務の受領拒否」であると考えられます。 

    このように、会社の責めに帰すべき事由によって労働義務を履行することができなくなった場合、労働者は、反対給付である賃金を受ける権利を失いません(民法536条2項)。 

    よって、あなたは、会社に対して、4月分と5月分の賃金の全額を請求することができるのです。請求できる賃金の金額は、内定時に提示されたそもそもの労働条件に基づく請求ができるでしょう。

    労働契約を変更するには、基本的に労働者の同意が必要であるとされているので、あなたが変更後の労働条件に同意していない限り、内定時に提示された労働条件に基づく賃金を請求できると考えられるからです。


    また、民法以外に、労働基準法でも、会社の都合によって労働者が働けなかった場合の補償に関する定めがあります。

    休業補償(休業手当)というもので、休業の理由が会社にある場合は、通常の給料に対して最低60%の金額を支払わなければならないとされています(26条)。

    これに違反した場合、罰則として30万円以下の罰金が定めているので(120条)、労働基準法違反を理由に、労働基準監督署に相談するのも良いでしょう。


     以上により、あなたは、会社に対して、民法に基づく賃金全額の支払請求をすることもできますし、あるいは、労働基準法に基づく休業補償を求めることもできます。

    もっとも、一人で対応や交渉をするのも不安があると思いますので、まずは会社の労働組合に相談に行き、団体交渉による解決を図ってみてはいかがでしょうか。

    それでも会社が応じない場合には、会社に対して内容証明郵便などで賃金の支払いを請求し、さらに支払わないようであれば、裁判を起こすことになるでしょう。

2015年04月21日

就職・採用に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ